あこがれ温泉地は「乳頭温泉郷」が初のトップに! 注目を集める理由は? じゃらん人気温泉地ランキング2020

access_time create folder生活・趣味

▲箱根温泉

じゃらんリサーチセンターは、旅行サイト「じゃらんnet」会員1万1488人を対象に、温泉地利用に関するアンケートを実施。今年で14回目となる「じゃらん人気温泉地ランキング2020」を発表しました。

若年層を中心に「有馬温泉」が人気に

<全国人気温泉地ランキング>
1位:箱根温泉(神奈川県)/2053票(前年1位)
2位:草津温泉(群馬県)/1967票(前年2位)
3位:登別温泉(北海道)/1501票(前年3位)
4位:道後温泉(愛媛県)/1402票(前年4位)
5位:別府温泉郷(大分県)/1236票 (前年5位)

これまでに行ったことがある温泉地のうち、もう一度行ってみたい温泉地を聞いた「全国人気温泉地ランキング」では、調査開始以来14年連続で「箱根温泉」が全国1位を獲得。

▲全国人気温泉地ランキング(年代別/20代、30代)

昨年と上位の顔ぶれが変わらない中、年代別に見てみると20代は5位に、30代では4位に「有馬温泉」が新たにベスト5にランクインしています。

じゃらんリサーチセンター研究員の松本百加里さんに有馬温泉の注目度がアップした理由を聞いてみると、「SNS映えするグルメ開発などを行い、オシャレなカフェバーやゲストハウスなどが増加したこと。若者層の関心を高めて、気軽に宿泊できる宿泊施設までバリエーション豊富にしたこと」がランクアップの鍵となったようです。

金の湯と銀の湯を比べながら湯めぐりを楽しめる有馬温泉。「金の湯は茶色系の濁り湯の金泉、銀の湯はすっきり透明な銀泉です。また、手軽に立ち寄るならインスタ映えもする、特徴的な色(茶色系)の足湯もおすすめです。あわせて、若者に話題になっている青色の炭酸せんべいカレーパンや、日本一のジェラートにもなったarima gelateria Stagione(アリマ ジェラテリア スタジオーネ)のジェラートも人気なので、食べ歩きしたり、街歩きをして温泉を楽しんでいただきたいです」と、“インスタ映え”を意識してトレンドを取り入れたスポットやグルメが若者を中心に話題になっているようです。

あこがれ温泉地は「乳頭温泉郷」が初のトップに

<全国あこがれ温泉地ランキング>
1位:乳頭温泉郷(秋田県)/2001票(前年2位)
2位:由布院温泉(大分県)/1865票(前年1位)
3位:草津温泉(群馬県)/1822票(前年3位)
4位:道後温泉(愛媛県)/1473票(前年4位)
5位:登別温泉(北海道)/1358票(前年5位)

まだ行ったことはないが、一度は行ってみたい温泉地を聞いた「全国あこがれ温泉地ランキング」では、調査開始以降初めて1位が入れ替わり、「乳頭温泉郷」が前年2位からランクアップして1位に。

前出の松本さんは、「大自然の中の秘境感や乳白色など特徴的な泉質が特に支持されています。さらに、その自然をより堪能できるように、ハイキングコースや湯巡りできるバスなどで、複数の温泉が巡れる“湯めぐり帖”も憧れの醸成につながっているようです。また、外国人の人気も高まっている温泉地でして、テレビで特集されることもあり、そこから日本人の注目度もさらに高まりました」と、ランクアップの理由を説明。

また、「この土地ならではの秘境感と7湯のそれぞれの特徴を楽しめる」といい、乳頭温泉郷で最古の歴史がある「鶴の湯温泉」は、乳白色の硫黄泉が湧く混浴露天。滝を見ながら露天風呂に入れる「妙の湯温泉」では、鉄分を含んだ褐色の濁り湯。森林浴を楽しみながらつかれる「蟹場温泉」の露天風呂は、透明な硫黄泉といったように、「温泉にはいったときの景色や過ごし方、泉質(特に色味)が異なるので、自分の好みの場所を見つけながらまわって堪能していただきたいです」と、乳頭温泉郷の魅力を教えてくれました。

なお、2020年2月号の「じゃらん」(北海道版、関東・東北版、東海版、関西・中国・四国版、九州版)では、今回の詳しい調査結果と周辺のおすすめスポットなどが紹介される予定。訪れたい温泉地や観光・宿泊先の参考にしてみては。

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧