【先ヨミ・デジタル】木梨憲武のソロデビューアルバム『木梨ファンク ザ・ベスト』が現在首位 水樹奈々新作が後を追う

access_time create folderエンタメ

【先ヨミ・デジタル】木梨憲武のソロデビューアルバム『木梨ファンク ザ・ベスト』が現在首位 水樹奈々新作が後を追う
 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年12月9日~12月11日の集計が明らかとなり、木梨憲武『木梨ファンク ザ・ベスト』が1,460DLで首位を走っている。
 
 本作は、木梨憲武の自身初となるフルアルバム作品。10月24日に配信限定でリリースされたEP『木梨ファンク ~NORI NORI NO-RI~』に収録されていた4曲に新曲6曲を追加した全10曲が収録されている。なお本作には、松本孝弘、星野源、SALUら豪華ゲストが多数参加している。

 続いて、水樹奈々の通算13枚目のオリジナルアルバム『CANNONBALL RUNNING』が2位を走行中。その後ろを、RADWIMPS『天気の子 complete version』が約250DL差で追いかけている。また今週リリースの新作では、秦基博の約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『Copernicus』が4位を走行中。本作には、11月にリリースした最新シングル「Raspberry Lover」、SoftBank TVCM「卒業編」CMソング「仰げば青空」など全13曲が収録されている。

 7位には、Co shu Nie『PURE』が628DLでチャートイン。アニメ『東京喰種トーキョーグール:re』オープニングテーマ「asphyxia」、アニメ『約束のネバーランド』エンディングテーマ「絶体絶命」「Lamp」などのタイアップソングを含む計12曲を収録。Co shu Nieは2020年1月より、今作を引っ提げた全国ツアーをスタートする。さらに9位には、今夏【SUMMER SONIC 2019】にも出演したThe Chainsmokersの最新作『World War Joy』がチャートインしている。

◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(2019年12月9日~12月11日の集計)
1位『木梨ファンク ザ・ベスト』木梨憲武
2位『CANNONBALL RUNNING』水樹奈々
3位『天気の子 complete version』RADWIMPS
4位『Copernicus』秦基博
5位『UNSER』UVERworld
6位『Traveler』Official髭男dism
7位『PURE』Co shu Nie
8位『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』椎名林檎
9位『World War Joy』The Chainsmokers
10位『アナと雪の女王2 (オリジナル・サウンドトラック)』Various Artists

関連記事リンク(外部サイト)

木梨憲武、Mステでのパフォーマンスが話題の「GG STAND UP!! feat. 松本孝弘」MVフルver公開
木梨憲武、妻に捧げる「I LOVE YOUだもんで。」MVを“いい夫婦の日”に公開
木梨憲武、「GG STAND UP!! feat. 松本孝弘」のMV公開 豪華ゲストがカメオ出演

access_time create folderエンタメ

Billboard JAPAN

国内唯一の総合シングルチャート“JAPAN HOT100”を発表。国内外のオリジナルエンタメニュースやアーティストインタビューをお届け中!

ウェブサイト: http://www.billboard-japan.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧