PFUが「Happy Hacking Keyboard」新モデルを発表 USB-C対応やBluetooth接続先切り替え機能を搭載して進化

access_time create folderデジタル・IT

PFUは12月10日、高性能コンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard」(以下HHKB)の新モデルを発表。同日から同社ECサイトで販売を開始しました。

合理的なキー配列とコンパクトサイズというコンセプトはそのままに、インタフェースを進化。同じモデルでUSB接続とBluetoothによるワイヤレス接続の両方に対応し、USBはUSB Type-C端子を採用しています。

複数の機器とワイヤレス接続するマルチペアリングの機能を向上。最大4台の機器について、キーボードのショートカット操作で接続先の切り替えが可能になりました。

従来のディップスイッチによるキーマップの変更機能に加えて、Windows用ソフトにより文字キー全般のキーマップ変更が可能に。キーマップの設定はHHKB本体に保存するので、他のPCやスマートフォンに接続しても同じ設定が利用できます。Mac用のキーマップ変更ソフトも開発を始めており、来年春先にはリリースを予定しているとのこと。キーマップ変更は、QWERTY配列ではなくDVORAK配列などより早く入力できる配列にしたい、自分好みにカスタマイズしたい、eスポーツ用途にキーを最適に配列したり、特定のキーの入力を無効にしたい、といったニーズを想定しています。

従来モデル同様、静電容量無接点方式キースイッチの採用により、滑らかなキータッチと深いキーストロークを実現。

「A」キーの左に「Control」キーを配置する配列は、Sun社の「Sun Type3」キーボードの配列をベースに設計されたもの。ホームポジションから手を動かさずに、ほとんどのキーを押下できます。

底面のツメにより、3段階の傾き調節ができる機構も踏襲。

高速打鍵性能と静粛性を実現したキー構造を採用する最上位モデル「HYBRID Type-S」は、英語配列、無刻印、日本語配列のモデルにそれぞれ墨、白の2色をそろえた6モデルをラインアップ。スタンダードモデルの「HYBRID」も英語配列、無刻印、日本語配列のモデルにそれぞれ墨、白の2色をそろえた計6モデル。USBによる有線接続に特化し、キーマップ変更機能を非搭載の「Classic」は英語配列、無刻印のモデルに墨、白をそろえた計4モデル。

価格はHYBRID Type-Sが3万2000円(税別)、HYBRIDが2万7500円(税別)、Classicが2万3000円(税別)。すべて直販サイト「PFU ダイレクト(本店、Amazon店、楽天市場店、Yahoo!店」からのオンライン販売のみ。12月22日まで、先着3000人にキーボードルーフをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

タッチ&トライできるスポットとして、SUPER CLASSIC 表参道店、大阪店、名古屋店、アシストオン 東京神保町、原価BAR 東京 五反田店の5か所を展開。

原価BARでは、神奈川の地ビールメーカー“サンクトガーレン”が製造したオリジナルラベルの「HHK BEER」2種を提供します。

さらに変わったプロモーションとしては、HHKBの打鍵音を収録したASMR動画がYouTubeで公開されています。

【公式】HHKB ASMR -キーボードタイピング音(Keyboard Typing Sounds) Happy Hacking Keyboard Type-S(YouTube)
https://youtu.be/fpwVavmNEbA

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧