画期的!乾電池としても使えるモバイルバッテリー「LIGHTINGALE」

access_time create folderデジタル・IT
最近はリチウムイオンバッテリーを内蔵した電化製品、ガジェットが増えてきているが、懐中電灯やリモコンなど、未だに乾電池を利用するものは多くある。また、複数回使える便利な充電池は専用の充電器を必要とするため、充電作業が面倒だ。

そこで、今までありそうでなかった画期的なモバイルバッテリー「LIGHTINGALE」を紹介しよう。

・乾電池としても使える「乾電池型」モバイルバッテリー?

LIGHTINGALEは3400mAh容量のモバイルバッテリー。しかし、他のモバイルバッテリーと違うのは、見て分かる通り乾電池型であるということ。

そう、LIGHTINGALEはモバイルバッテリーでありつつ、そのまま乾電池としても使えるという画期的な製品なのだ。もちろんこの形状なので、サイズ18.6×70.5mm、重さ48gと超コンパクト。モバイルバッテリーとしても優秀だ。

・充電はUSB-Cで

充電/給電の際に使う接続ポートはUSB-C(5V/1A)なので、専用の充電器なども必要としない点は嬉しい。ただ、充電に4時間もかかるという点は少し注意が必要だ。

充電中は内蔵されているLEDライトが点灯する仕組み。LIGHTINGALEは現在、世界に先駆けMakuakeにて先行発売しており、今なら1本2958円(税込)から出資注文することができる。

キャンペーンは2020年1月7日まで実施予定。一般の充電池そのものよりは高価だが、モバイルバッテリーを購入する感覚なら、決して高い買い物とは言えないのではないだろうか。

執筆:Doga

LIGHTINGALE/Makuake

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧