【朗報】ヨコオタロウ先生が吉野家マンガの連載開始 / ニーアやドラッグオンドラグーンのゲームクリエイター

access_time create folder生活・趣味
yoshinoya-yoko-taro

もはや作家として神域に達する勢いのゲームクリエイター、ヨコオタロウ先生(49歳)が、牛丼レストラン「吉野家」の漫画を連載することが判明。あまりにも意外すぎて、多くのファンが驚きを隠せずにいる。

・ヨコオタロウ先生なくしては存在しえないゲーム
ヨコオタロウ先生は、伝説的ゲーム「ニーアゲシュタルト」「ニーア オートマタ」や、「ドラッグオンドラグーン」などの名作を世間に放ち、多くのプレイヤーにいろんな意味で衝撃と影響を与えてきた。その人気には齊藤陽介氏(49歳)や岡部啓一(50歳)のセンスも多大に寄与しているとはいえ、ヨコオタロウ先生なくしては存在しえないゲームとして知られている。

・次はどんなゲームを作ってくれるのだろう
最近では「シノアリス」のゲームクリエイターとして人気を博しているヨコオタロウ先生だが、「次はどんなゲームを作ってくれるのだろう」と期待されるなか、まさか吉野家の漫画を連載するとは誰も思わなかったはず。

yoshinoya-gyudon-cho-tokumori2

・連載はLINEマンガで展開
この漫画のタイトルは「吉野家兄弟」で、絵を秋鹿ユギリ先生が描き、原作をヨコオタロウ先生が担当している。連載はLINEマンガで展開し、2019年12月27日から掲載される予定とのこと。以下は、この漫画の紹介文である。

・漫画の紹介文
「『吉野家』を舞台に綴られる義兄弟の物語。これは彼らが本当の家族になるまでのお話ーー…。38歳会社員・小柳翔平と17歳高校生・水島康夫は、仲が悪い訳ではないけれど、どこか距離のある「義兄弟」。そんな彼らが『吉野家』を舞台に、美味しいものを囲みながら、彼らなりのペースで歩み寄り、絆を紡いでゆく家族の物語──」

・いろんな意味でハラハラする展開?
ヨコオタロウ先生が描く吉野家はどんなものになるのか、今から期待しかない。その期待と同時に、ヨコオタロウ先生ならではの「いろんな意味でハラハラする展開」があるのではないかと、その点も注目せずにはいられない。

もっと詳しく読む: ヨコオタロウ先生が吉野家マンガの連載開始 / ニーアやドラッグオンドラグーンのディレクター(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/12/07/yoshinoya-yoko-taro-news/

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧