社長逮捕の「株式会社ガイナックスとは無関係」 各地の“ガイナックス”冠した企業の声明に反響

access_time create folder政治・経済・社会

アニメ企画会社、株式会社ガイナックスの社長が声優志望の女性への準強制わいせつ容疑で逮捕された件に関して、株式会社GAINAX京都や米子ガイナックス株式会社が無関係であることを表明し話題になっている。

https://twitter.com/gainaxkyoto/status/1202520151259631617?s=19

「株式会社GAINAX京都は、今回報道されております株式会社ガイナックス 社長 巻智博氏の逮捕に関して無関係であり、また株式会社ガイナックス とは資本関係も無い別会社です。
株式会社GAINAX京都
代表取締役 武田 康廣」

https://twitter.com/yonago_gainax/status/1202561144067461120?s=19

「今回報道されている巻智博氏の逮捕に関して、米子ガイナックス株式会社は無関係です。
なお株式会社ガイナックス(東京都武蔵野市)と米子ガイナックス株式会社(鳥取県米子市)の間に資本関係はありません。
米子ガイナックス株式会社代表取締役 赤井孝美」

両社の発表に対しTwitterなどSNS上では大きな反響が起こっている。

「資本関係無しで、今は全くの別会社ということなのですね。
アニメにある程度詳しい人間でもこれは知らなかった。」

「胸中お察し申す…
関係ないことで看板が汚れるのはやりきれませんからね。」

「勘違いありそうで心配でした」

「報道で作品名言ってるとこもあるので早めに鎮火した方がいいっすよ」

他にも企業名にガイナックスを冠するのは株式会社GAINAX WEST、福島ガイナックス、ガイナックス新潟などがあるが、それぞれ株式会社ガイナックスに在籍したことのあるクリエイター等が独立して立ち上げたものであり、直接の資本関係はないようだ。

現在の株式会社ガイナックスには、「新世紀エヴァンゲリオン」を手がけた庵野秀明さんはじめ創業期に活躍したクリエイターはほとんど在籍しない。庵野さんが代表取締役を務める株式会社カラーは、「『新世紀エヴァンゲリオン』を含めた『エヴァンゲリオン』シリーズ作品に当該被疑者が関与した事実はなく、当社及び当該作品は一切関係ございません」と声明を発表している。

変わり果てた“本家”の不祥事に過去の在籍者たちはどんな思いを抱いているだろうか。

※画像はTwitter(@gainaxkyoto)から引用しました。

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧