シンガポールで前例のない“ゾンビ映画”を如何にして作ったか? 『ゾンビプーラ』監督インタビュー[ホラー通信]

access_time create folder映画
『ゾンビプーラ』ジェイセン・タン インタビュー

アジアンホラーに新しい旋風! シンガポール初の国産ゾンビ映画『ゾンビプーラ』が11月15日よりシネマート新宿・シネマート心斎橋で開催される名作映画発掘フェスティバル「のむコレ3」で公開される。

アジア諸国の中でも表現規制が厳しいシンガポールでは、ホラーものや殺戮シーンを含む作品には高いレーティングが付され、制作が敬遠される傾向にあるのが現状だ。そんな逆風もなんのその、「輸入ものではなく自前のゾンビ映画を!」という悲願を達成したのは、シンガポール映画界で今、最も注目を集める若手監督の一人、ジェイセン・タン

無気力世代のリアルを主人公に据え、「緊迫と脱力」究極の対比で「国家の一大事」をユーモアたっぷりに描いた本作は、スクリームアジア、ニューヨーク・アジアの両映画祭で、新しいゾンビ映画を待ち望む観客の度肝を抜いた。

アジアの巨匠エリック・クー監督もイチ推しの新人が、初長編作でゾンビ映画という難関にあえて挑んだ理由とは? シンガポール映画界の現状も含めて話を伺った。

ゾンビより恐ろしい“表現の不自由”の壁!

――『ゾンビプーラ』というタイトルにはどんな意味がありますか。

タン監督:シンガポール(Singapore)という国名は、もともとサンスクリット語で「ライオンの都市」という意味の「シンガプーラ(Singa Pura)」からきています。『マレー年代記(Malay Annals)』という書物によると、スマトラのサング・ニラ・ウタマ王子がTemasek(シンガポールの古い名前)に上陸したときにライオンを見たことから、この名前を付けたと記されています。その故事にならって、初めてゾンビの見つかった都市、だから『ゾンビプーラ』というタイトルにしました。

――『ゾンビプーラ』はシンガポール初のゾンビ映画ということで話題になっていますね。なぜ今まで誰もゾンビ映画を作らなかったのでしょうか。

タン監督:シンガポールの人口は500万人です。私たちは映画が大好きですが、市場としては大きくありません。プロデューサーはアクション映画やスーパーヒーローものよりも、幅広く集客の見込める作品や、国内外の映画祭に出品できるようなアート系の作品を好みます。ホラー映画はたくさんありますが、低予算でレーティングのかからないものが大半です。逆に、私が『ゾンビプーラ』を制作しようと決めたときには、「なぜゾンビ映画なんだ」と聞かれたぐらいですよ。なぜか? それは、いよいよそのときが来たからです。私がそう感じたんですよ。

――シンガポールではレーティング評価が厳しいと聞いています。制作に当たってその影響はありましたか。

タン監督:ごく普通の、それほど残酷でないホラー映画なら何も心配はありませんが、ゴア度の高い作品はR21に分類されてしまうでしょう。R21となると、21歳以上でなければ観ることができず、郊外の映画館での上映はできません。DVDなど媒体の販売にも制限がかかります。R21と判断されるような作品は、プロデューサーが作りたがらないでしょうね。

もう一つ、ゾンビ映画を作るに際しては予算の問題がありました。いいものにしたければ、雰囲気づくりやメイキャップに凝る必要がありますよね。そのためにはお金が必要です。レーティングを上げないようにしながら、お金をかけずに、満足度の高いゾンビ映画を作る。ほとんど不可能な課題に私は挑まなければなりませんでした。しかし、私には作れるという確信がありました。とびきりの脚本を思いついていましたし、友人の一人が、お金をさほどかけずに素晴らしいゾンビメイクを施せる才能を持っていたからです。彼女の名はジューン・ゴウ。ユニバーサルスタジオシンガポールの元ヘア&メイキャップチーフなんですよ。その腕前はぜひ劇中で確かめてみてください。

『ゾンビプーラ』メイキング

「何度もあきらめかけたけれども、結局はこの作品に戻ってきた」

――完成までにはどのくらいかかったのでしょうか。

タン監督:まず、必要な資金を集めるのに7年かかりました。この映画を作る前、私はごく普通のコメディ映画やドラマなどを撮っていました。その収入から少しずつ制作費を貯めていましたが、もちろんとても足りません。企業をいくつも回って支援をお願いしました。しかし、ゾンビ映画だなんて初めての試みです。本当に観客が見込めるのかと疑問視され、門前払いを食うのが当たり前でした。それでも根気よく映画の趣旨を説明し、これが私の表現したいことを描ける唯一の方法だと理解してもらうように努めました。

ここで役に立ったのが、映画のプロモーション映像でした。私は、今回主演に起用した二人、いずれもシンガポールでは有名な俳優ですが、アラリック(主人公の兵士カユ)とベンジャミン・ヘン(その上司)が大好きなんですね。彼らが出演を快諾してくれたあと、私はテスト用のショートフィルムを撮影しようと提案しました。前例のない映画を作ろうというわけですから、どんなふうになるのかを実際に見せないことには始まらないと思ったからです。二人とも賛成してくれ、わずか1日で撮った映像を持って、支援者、スタッフ探しに奔走しました。

1 2 3次のページ
access_time create folder映画

ホラー通信

「ホラー通信」(略してホラツー)は、ホラー・サスペンス映画のニュースやコラムをご紹介するサイト。マニアな方も、隠れファンも、怖いけどちょっとだけのぞき見したい……なんてみなさん寄っといで。 http://horror2.jp/

TwitterID: @horror2_

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧