【東日本編】もう一度行ってみたい温泉 TOP5を公開!各地の冬の見どころは?

access_time folder生活・趣味


(C) Shutterstock.com

旅の情報誌「じゃらん」が、「もう一度行ってみたい人気の温泉地」ランキングを発表しました。歴史の古い名湯がランクインしていますよ。山の中の秘湯や一大温泉地など、東日本部門のTOP5に入った温泉と、各地の冬の見どころやイベントを紹介します。

もう一度行ってみたい温泉ランキング


(C) Shutterstock.com

今回の「もう一度行ってみたい温泉地ランキング」は、じゃらんが毎年末に発表する「じゃらん人気温泉地ランキング」の昨年12月に発表したデータを元に、「もう一度行ってみたい」と回答があった温泉地を、東日本と西日本に分けて集計。11月7日に発売されたMOOK「じゃらん 大人のちょっと贅沢な旅 2019-2020冬」に、詳細が掲載されています。ここでは、東日本のランキング上位5位までと、各地の冬の見どころを紹介します。
【じゃらん人気温泉地ランキング2019】
概要: 2018年12月発表の「じゃらん人気温泉地ランキング2019」を基に、大人世代(40代・50代・60代)の有効回答数8,626に限定して集計。
調査時期: 2018年8月22日~2018年8月31日
調査対象: 「じゃらんnet」会員
回答数: 11,157人/有効回答数11,157人
※ 327の温泉地を選択肢として設定

参照: リクルートライフスタイル「大人世代が選ぶ、もう一度行ってみたい人気温泉地ランキング発表!」
詳細: リクルートライフスタイル「じゃらん人気温泉地ランキング2019」投票結果報告

【5位】秋田県「乳頭温泉郷」


(C) icosha / Shutterstock.com

秋田県の十和田・八幡平国立公園内の乳頭山麓にある「乳頭温泉郷」には、それぞれ泉質の違う源泉をもつ7つの温泉が点在しています。一番古い温泉宿「鶴の湯」は、江戸時代からという古い歴史を持つそうですよ。乳頭温泉郷では、7つの湯を巡る「乳頭温泉郷 湯めぐり号」というバスも運行しています。


(C) Shutterstock.com

雪深くなる冬には、雪を集めたスノードームやかまくらが宿の脇に並び、中にろうそくが灯されて幻想的な雰囲気に包まれます。東北地方の山の奥で、冬ならではの景色を楽しめそうですね。
【乳頭温泉郷 秘湯鶴の湯温泉】
住所: 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
TEL: 0187-46-2139
公式サイト: http://www.tsurunoyu.com/

【4位】静岡県「熱海温泉」


(C) Shutterstock.com

静岡県伊豆半島の北東にある「熱海温泉」には、相模灘の海岸沿いや山腹に数多くの温泉旅館、ホテルが立ち並びます。713年の伊豆風土記に記述があったというほどの長い歴史がある熱海温泉、古くから親しまれてきました。


(C) Shutterstock.com

1952年から開催されている「熱海海上花火大会」は、熱海湾から打ち上げられる豪華なイベントです。当初は8月5日のみ開催されていましたが、現在では四季を通して開催され、熱海名物ともなるほどの人気に。2019年の冬は、12月8日(日)と12月15日(日)、それぞれ25分間(20:20~20:45)打ち上げられる予定です。
【熱海海上花火大会 観覧場所例「親水公園」】
住所: 〒413-0014 静岡県熱海市渚町地先
熱海市観光協会公式サイト: https://www.ataminews.gr.jp/event/8/

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧