ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水を入れるだけでアッツアツ! おいしい戦闘食“ミリメシ”を食べてみた

ミリメシ

軍隊や自衛隊で支給される携帯用保存食「ミリメシ」。カンパンやクッキー、缶詰の様な日持ちのする物が中心だった昔と比べて、現在は水と反応して発熱する素材を使って、簡単にアツアツの料理が出来上がる物が登場。

水を注ぐだけで、火を使わずに温かい食事がいつでもどこでも食べられるという事もあり、昨年の震災以降一般の家庭でも購入が増えているそうです。

今回は、22日(金)より公開がスタートした、米海軍0.5%の超エリート特殊部隊の活動と任務の実態を描いた映画『ネイビーシールズ』とコラボしている、「あつあつ防災ミリメシ 牛丼」を実食レポート。本当に水だけで、アツアツの料理が完成するのか試してみました!

【関連記事】ビンラディン暗殺を遂行した特殊部隊「ネイビーシールズ」 現役隊員“ローク少佐”にインタビュー
https://getnews.jp/archives/227288

ミリメシ ミリメシ

「ミリメシ」の箱を開けると入っているのは、ご飯、牛丼の具、水を熱する素材、ファイアレスサバイバルヒーター、トレイの5点。

ミリメシ

袋状のファイアレスサバイバルヒーターに水を熱する素材を入れ、ご飯と牛丼の具をセット。水を130cc入れ、しっかりとチャックします。

ミリメシ

しばらくすると、水の底からボコボコと気泡が。だんだん、熱し方も激しくなってきて、3分ほど経つとシューシューと白い湯気も出てきます。

ミリメシ

水を入れただけで、ここまで湯気が! この状態で約20分待ちます。

ミリメシ

湯気もようやく落ち着いてきたら、やけどに注意しながらご飯と牛丼の具を取り出します。

ミリメシ

トレイにご飯と具をのせ、いざ実食。これは、予想事情に美味しいです! もっと、味が濃くてジャンクな味かと予想していたのですが、思いのほか優しい味。かといって、味が薄いとか無いというわけではなく、トロトロになったたまねぎと、お肉の食感もしっかりしていて、美味しい牛丼を楽しむ事が出来ました。

ミリメシ

何より嬉しいのが、こんなに手軽でアツアツの牛丼が食べられるということ。火や、電気、道具も無い非常時にはとてもありがたい食事になりそうです。

ミリメシ

「ミリメシ」には牛丼の他、カレー、中華丼、肉じゃがなどの種類も。

ミリメシ

パンの缶詰など、そのままますぐに食べられる食材と水がセットになった「防災丸かじりセット」なんていう物も。本来は、自衛隊員の為に作られた「ミリメシ」ですが、災害や停電時などの緊急時に備えておくととても便利なアイテムだと言えるでしょう。

「ミリメシ」とコラボ中の映画『ネイビーシールズ』は現在好評公開中。

ネイビーシールズ
http://navyseals.gaga.ne.jp/official/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy