ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Interview with Topaz Jones/トーパス・ジョーンズ来日インタビュー

70’sファンクをベースにした音作りとスピード感のあるフロウ、知性と個性を融合させたラップで注目を集めるTopaz Jones。音楽シーンのみならず、その佇まいでファッション界隈からもラブコールの絶えない彼が、SUMMER SONIC2019、Billboard Live TOKYOでの単独公演のため初来日を果たした。バックグラウンドから完成したばかりというニューアルバムについてまでを聞いた。(→ in English

――東京に来るのは初めてですか?

Topaz Jones : そう。すごく来てみたかったから念願が叶って嬉しいです。高校生の時にカニエ・ウェストの大ファンで、彼の『Graduation』というアルバムで村上隆やたくさんの日本のアートワークが使われていたし、彼が東京からいかにインスパイアされたか語っていたのを鮮明に覚えています。その頃からずっと来てみたいと思っていたんです。

――そうなんですね。私たち日本のファンもあなたのパフォーマンスを観れるのを心待ちにしていました。バックグラウンドから訊いていきたいんですが、あなたはお父さんの影響でファンクを好きになったんですよね。多様性のある音楽だから、ラジオなんかも聴いていたのかなとも思ったんですが実際は?

Topaz Jones : 間違いなく父の影響は多大にありますね。人間は成長過程で聴いてきたものや関わった音楽にまず反応するものだと思うんですが、私の場合はそれがファンクだったんです。だからファンクやそれがベースになった音楽が流れると耳が自然と反応してしまうというか。ラジオはそんなに聴いてこなかったけど、OutKastやTyler,The Creatorみたいに独自の音楽性を持っていて、ポップスだらけのラジオの音を変えたり、そこの隙間に入り込んでいって自分たちの方に引き寄せたりすることができるようなアーティストにはいつもハマって聴いていました。

――A Side/B Sideというプロジェクトをやっているくらいだからアナログレコードも大好きなんですよね?

Topaz Jones : もちろん! 次のアルバムでは全部の曲を収録したレコードを作りたいと思っています。昨日は渋谷のJBSというジャズバーに行ったんですが、最高でした。DJの小林克也さんが私の父のレコードをかけてくれたんです。

――すごい! 音楽制作についての質問です。幼稚園生の頃から音楽を作り出したと他の記事で読んだんですが、それは本当?

Topaz Jones : レコーディングはしてないけど確かに曲は書いてましたね。幼稚園では書かずに、オフの時に作ってたんです。8歳頃からは曲のアイデアなんかを書き留めるようになって、それが全てのスタートになりました。

――お父さんはギタリストだけど、リズムにこだわったりベースを重視した方向に行ったのはなぜなんでしょう。

Topaz Jones : 小さい頃に父がクリスマスプレゼントとしてギターをくれたんですが、すっごく難しかったんですよ(笑)。しかも父は名ギタリストだから、私はちょっと萎縮してしまってギターはやらなかったんです(笑)

――(笑)。曲作りはNight Episodeというバンドと一緒にやっているんですよね?

Topaz Jones : そう、『Arcade』では全曲一緒にコラボしました。今でも一緒にやることはあるんだけど、最近のアルバムでは一緒に曲作りはしていなくて。

――そうなんですね。じゃあ生音を入れたいときは自分でやるんですか?

Topaz Jones : ニューアルバムでは2曲は自分でギターを弾きましたが、才能あるミュージシャンやプロデューサーを招いた方がいいと判断して、ツテを駆使して素晴らしいドラマーやベーシストなどとコラボしています。私はそのブレインみたいな感じですね。

――“Cotton Fields”はニュージャージーの自宅で録ったとてもパーソナルな曲ですが、この曲ができた背景を知りたいです。

Topaz Jones : 生まれ育った家を親が手放すことにして、母親が家にあったいろんなものを売りに出すために梱包していたんです。その最後に残ったのがピアノでした。その頃はちょうど練習用にヴォイスメモをたくさん録っていた時期でもあって。全部が売れてなくなってしまった家でヴォイスメモを聴き返していたら、そのうちの一つがすごく突出したものになると思ったんです。それが“Cotton Fields”です。『Arcade』も同じ頃のもの。いつもそのヴォイスメモに立ち返って考えるんです。

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき