【東京おもちゃショー2012】小さくなって立ち上がれるようになった『クロックマン』の新製品『かくれんぼクロックちゃん』

access_time create folder生活・趣味
【東京おもちゃショー2012】小さくなって立ち上がれるようになった『クロックマン』の新製品『かくれんぼクロックちゃん』

6月14日から17日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で開催された、日本最大のおもちゃの見本市『東京おもちゃショー2011』。タカラトミーアーツは、おしゃべりする顔型時計『クロックマン』の新シリーズ『かくれんぼクロックちゃん』を出展しました。9月の発売予定で、価格は4410円(税込み)です。

ふだんは目と口を閉じてじっとしています

血液型4種の『クロックマン』、関西弁でしゃべる『クロックマン上方』、見た目や性格をカスタマイズできる『クロックマン iD』に続く新製品は、従来の130mmの立方体から110mmサイズにコンパクト化。ふだんは目と口を閉じてじっとしています。

ボタンを押すとピョコピョコとアクションしながらおしゃべり

頭のボタンを押すと、目と口を開き、手足を出して立ち上がります。ピョコピョコとアクションしながら時刻をしゃべったり、性格に合わせたセリフをランダムにおしゃべりしてくれるのがポイント。時報や目覚ましに加えて、「今日のハッピー占い」をおしゃべりする機能も搭載しました。

カラーは4色。ピンクの『ハッピー』、イエローの『スマイル』、ブラックの『チャレンジ』、グレーの『フリーダム』をラインアップしています。パートナーにしたい性格でチョイスしてみてはいかが。

access_time create folder生活・趣味

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧