ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

インパクトありすぎなストリートアート 死者の日という文化遺産を地域の子供たちに伝えるため

欧米におけるハロウィンと似て非なるものとして、中南米の国々における死者の日(Day of the Dead)というものがあります。中南米の国々の中でも特にメキシコでは、死者の日を盛大に祝うことで知られています。死者の日である11月1~2日にあわせ、メキシコ市内に忽然と姿を現したストリートアートに注目が集まっています。


https://twitter.com/AFP/status/1188974888905625600
メキシコ市内の道路に突如出現したのが、こちらの巨大ガイコツ。


https://twitter.com/LuisCardenasMx/status/1189180884672487425
しかも、巨大ガイコツが2体登場したようです。


https://twitter.com/El_Universal_Mx/status/1189006583793160192
2体のガイコツが向かい合っています。何らかの意味があるのでしょう。


https://twitter.com/telediario/status/1188892594190700544
多くのメディアが現地まで取材に出向いているようです。

これらの巨大ガイコツは、死者の日という文化遺産を地域の子供たちに伝えるために、地元のアーティスト集団が1年がかりで制作したものです。路上の組み立て作業も2日がかりだったそうです。なお、巨大ガイコツを制作したのは今年が初めてではなく、すでに8年前から継続して毎年制作しているとのこと。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/AFP/status/1188974888905625600

※ソース:
https://mymodernmet.com/skeleton-sculptures-day-of-the-dead/

(執筆者: 6PAC)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき