ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

衝撃のRPGツクールXP製サバイバル探索アクション『Overnight Mare』 悪魔を倒し、時に逃げ、目指すは異界からの脱出

overnightmare_01

20XX年8月20日。コテージ一件を貸し切り、高校の友人たちと共にキャンプ旅行へと来ていた時永沙希(ときなが さき)。
最終日のある夜、片思いしている幼馴染で同級生の新堂朝陽(しんどう あさひ)との仲を進展させるため、彼女は友人の倉科有里(くらしな ゆり)からおまじないを提案される。誘われるがまま、沙希は有里のおまじないを受けるが、しばらくして意識を失ってしまう。

気が付くと、周囲から人が居なくなっていた。
overnightmare_02

そして部屋から出て、静まり返ったコテージを探索していた最中、謎の怪物が出現。沙希は部屋を調べていた際に見つけた武器でこれを退け、コテージより脱出するのだが、その先には以前とは様子の変わったキャンプ場が広がっていた。

そして再び現れる、怪物こと「悪魔」。
一体、何が起きたのか。そして、姿を消した友人たちはどこに?
様々な疑問を残しながら、沙希はキャンプ場の奥へと向かう。
overnightmare_03

2018年1月4日、「フリーゲーム夢現」において配信を開始した『Overnight Mare(オーバーナイトメア)』は、「RPGツクールXP」で制作されたトップビュー(見下ろし視点)のサバイバルアクションゲームだ。配信以降も定期的に新機能の追加などのアップデートを行っており、2019年現在は「新装版」と称されたバージョンが提供されている。なお、ゲームデータのダウンロードが行えるのは「ふりーむ!」で、「フリーゲーム夢現」からは行えない形になっている。(※外部サイトへ移行する仕組み)

極限下で悪魔と対峙する、探索アクションゲーム

内容は主人公の沙希を操作し、襲い来る悪魔と戦ったり、時に逃げたりしながらキャンプ場を探索し、消えた友人たちの行方を追っていくというものだ。本編は章仕立て(チャプター形式)で進行。いくつかのストーリーイベントを経た末に行われるボス戦を乗り越えるとクリアになり、次の章が始まる仕組みになっている。
overnightmare_04

最終的な目標はキャンプ場も含んだ悪魔はびこる土地、またの名を「異界」からの脱出。そのためにプレイヤーは(少しネタバレになるが)合流できた友人、同じく異界へと連れてこられた人たちの力を得ながら、キャンプ場とその周辺の土地など探索していく形となる。もちろん、悪魔と対峙しながら……だ。なかなかにスケール大きめの内容になっている。
overnightmare_05

そんな悪魔たちとの戦いは、リアルタイムで行われる。いわゆるアクションアドベンチャー(兼RPG)方式で、トップビューのマップ上でキャラクターを動かしつつ、相手との距離を測りながら攻撃を展開していく形だ。

ただ、その際には”構え”の姿勢にならねばならない。沙希には「移動」、「構え」の2つの姿勢が用意されていて、本作はそれらを状況に応じて切り変え、立ち回っていくことを基本戦術にしている。
overnightmare_06

マップ探索、悪魔から逃げるのに集中する時は「移動」を、正面きって戦う時は「構え」を……という感じだ。このため、特に戦闘を仕掛ける際には、きちんと手順を踏まないと一方的な攻撃を受ける危険が付きまとう。切り替え自体はワンボタンなので簡単だが、少し慣れが必要。僅かながら現実味も含んだ、独特なものに仕上げられている。

武器も近接と遠距離の2種類があり、進行に応じて選べる数が増えていく。ただ、全体の比率は近接1の遠距離9。その関係で戦闘はほぼ、相手と距離を取りながら弾を撃ち、近づかれる前に仕留めるのが最適解になっている。
overnightmare_07

だが、本作はサバイバルアクションを謳う作品。全ての遠距離武器には弾数制限があるので、無限に撃ち続けるのは不可能だ。
さらに弾丸こと「矢」(※武器のほとんどは弓矢系になっている)も現地調達。売っている場所などはない。挙句、入手できる本数も少ないので、無駄撃ちも許されない。下手な鉄砲数撃ちゃ当たるの精神でやったりすれば、待ち受けるは近接武器だけで戦う試練の道。これぞサバイバルと言うに相応しい、シビアさを全面に押し出した設定だ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき