ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

舞台化した『チャージマン研』がSNSで大反響 「ずっと何を見せられてるのか分からない たすけて」

とんでもないクオリティとぶっとんだストーリーなどで、カルト的な人気を誇るアニメ「チャージマン研」。
筆者が初めてこの作品を見たのは2008年の「日本トンデモ本大賞」。トンデモないものを見慣れているはずの観客の方々も大爆笑の連続で、かなり大きなインパクトを与えていたことを覚えている。ニコニコ動画をはじめとした動画サイト等で人気となり「チャー研」の愛称で親しまれ、現在ではLINEスタンプやTシャツにもなってしまっている。

参考記事:
「こんなキチガイアニメを!」 ハードコアチョコレートより伝説のアニメ「チャージマン研!」Tシャツ登場!
https://getnews.jp/archives/2033603[リンク]

そのチャー研、あろうことか舞台化してしまい10月31日より公演が行われている。

写真撮影がOKというこちらの舞台、ある『Twitter』ユーザーが初日に

チャー研の舞台来てんだけどずっと何を見せられてるのか分からない

たすけて

と写真つきでツイートしたところ大反響。
11月3日の時点でリツイート約1万8千、約3万9千の「いいね!」を集める。
そして

「きっとジュラル星人の仕業に違いない!」
「ボルガ博士、お許しください!」
「何が起きてるかわからないってことは、正しく表現されてるってことですねw」
「原作通りだ…」
「ずっと、キチレコ流れてそうwww」

と、これまたチャー研感あふれる返信が多数寄せられていたようである。

関連:
「開演前なのにジュラル星人がすでにキレッキレ」チャージマン研の舞台がぶっ飛びすぎてヤバいらしい「何を見せられてるの」
https://togetter.com/li/1424661[リンク]

チャージマン研

https://www.clie.asia/cha-ken/[リンク]

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき