スマート買い物カートを活用したレジレス店舗ソリューションをカナダのスーパーが導入

access_time create folderデジタル・IT
カナダで1500店舗以上を展開するスーパーマーケットチェーンSobeys(ソビーズ)は、2019年10月、米ニューヨークのスタートアップ企業Caperが開発したスマート買い物カート「Sobeys Smart Cart」をオンタリオ州オークビルの店舗で試験的に導入した。

・商品バーコードをスキャンし、セルフ精算できるスマート買い物カート

「Sobeys Smart Cart」には、専用タッチスクリーンのほか、カメラ、スキャナー、量り、決済システムを搭載。

商品を選ぶごとに、パッケージに印刷されているバーコードをスキャナーで読み込んでいくと、「Sobeys Smart Cart」内の商品がタッチスクリーンでリアルタイムに表示される。

野菜や果物など、量り売り方式で販売されている商品は、「Sobeys Smart Cart」に入れると、自動で重量を測定され、価格を算出。

買い物が完了したら、レジ待ちすることなく、搭載されている決済システムでクレジットカードにより精算する流れだ。

将来的には、「Sobeys Smart Cart」に搭載された複数のカメラが商品を撮影し、その画像を人工知能(AI)に解析させることで、バーコードをスキャンする手間なく、商品を自動認識できる機能も備える計画だ。

・大型店にも対応した拡張性のあるレジレス店舗ソリューション

近年、アメリカの「Amazon Go」やブラジルの「Ame Go」など、レジレス店舗が広がっている。

小型店を前提としたこれらの事例と異なり、「Sobeys Smart Cart」は、ソリューション導入のために店舗を改修する必要がなく、大型店でも導入しやすいのが利点。

Sobeysでは、今後も、テクノロジーを活用し、顧客体験の向上に取り組む方針だ。(文 松岡由希子)

Sobeys

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧