Facebookが来年のアメリカ大統領選挙に向けた対策を発表 フェイクニュースには「偽情報」ラベル

access_time create folderデジタル・IT

10月21日、Facebookは来年に控えたアメリカ大統領選挙に向け、フェイク情報対策を含む複数の対策を発表しました。主に外国の干渉、透明性、誤報・虚報の3点に焦点を当てた対策が強化されています。

外国の干渉を防ぐため、「Facebook Protect」では候補者のアカウントが乗っ取られたりしないよう監視します。透明性については、ページ所有者の表示だけでなく、候補者が政治広告に費やした額なども開示していきます。

誤報・虚報といういわゆるフェイクニュースに関しては、第三者によるファクトチェックにより誤報・虚報と認定されたページに、FacebookとInstagram共通で「偽情報」ラベルが貼り付けられるようになります。

フェイクニュース拡散防止策として、「偽情報」ラベルが貼り付けられたページをシェアしようとすると、警告としてポップ画面が表示されるようになります。

また、フェイクニュースを見極めるためのメディアリテラシー・トレーニング等をサポートするため、200万ドル(約2億1700万円)の投資をすることも発表されています。

※画像とソース:
https://newsroom.fb.com/news/2019/10/update-on-election-integrity-efforts/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧