「土地の名も月の光も変わらないのに、僕のお相手だけが変わってしまった」突然ミステリーツアー決行! グズ男のまさかの速攻に仰天~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

access_time create folderエンタメ

「ぜひ直に伝えてくれ」珍しく強行! その思惑は

常陸介邸から二条院、そして三条の小さな隠れ家と、転々とする浮舟。彼女が所在ない思いをしていた頃、薫は宇治に建設していた御堂が出来上がったと聞いて出かけました。

随分久しぶりの宇治です。御堂と建て替えられた寝殿は立派に出来上がっていましたが、かつて八の宮が暮らしていた頃の雰囲気は消えてしまい、薫にとってはそれもまた悲しみの種。水の流れは変わらないのに、どうして愛しい人の面影はとどめておけないのか。涙を拭きながら弁の部屋に来ます。

そういえばあの“人形の娘”(浮舟)だが、最近は二条院にいるとか聞いた。でもやっぱりそこへ忍んでいくのもどうかと思って、それきりだ。やはり弁からとりなしてほしいのだが」。

弁も同情しながら「それが、先日あの姫の母君から連絡がありまして。方違えで今は三条の小さな家に隠れ住んでいるとか……。「宇治に身を寄せたいが、山道が大変だと思うと実行できない。もう少し京と宇治が近ければいいのに」などと言っていました」。

「僕はその大変な山越えをして、幾度となくここへ来ているんだよ。これもやはり前世からのご縁だろう。ぜひ弁から手紙を出してくれ。いや、京に行って直に伝えてくれないか」。

しかし弁は尼さん、俗世との関わりを断つと誓いを立てた身です。ましてや男女の仲を取り持つために上京するのは憚られます。

そう言って渋る弁に、薫は珍しく強気で押して「じゃあ、明後日くらいに迎えの車をやらせるから」と、ニコニコしながら決めてしまいました。おや?

暗くなる前に薫は帰京。以前なら一晩泊まって昔話ということも出来ましたが、もう気楽な独身ではありません。帰りを待つ妻の女二の宮のため、薫は美しい紅葉の枝や、秋の草花をお土産にします。

薫は女二の宮を大切にしていましたが、それは主従関係に近く、リラックスとは程遠いもの。むしろ宮仕えの延長のようです。家庭の息苦しさの中で、癒やしを求める薫は、ますます大君に代わる存在を手に入れたいと思います。

後をつけて居場所を突き止め…グズ男のまさかの速攻

薫の差し向けた迎えの牛車に乗り込み、弁は浮舟の隠れ家を訪れます。道中の景色を見るにつけても、若い頃からのあれこれが走馬灯のように蘇る。薫の父・柏木の乳母子として育ち、九州へ連れて行かれ、再び上京して八の宮一家に仕えるうちに薫と出会った、弁の運命もなかなか数奇なものです。

退屈していた浮舟は弁を喜んで迎えます。父・八の宮のことを詳しく知る人と思うと親しみが持てるし、いろいろ昔話も聞きたい。話し込んで宵の口も過ぎた頃、また誰かがやってきました。

「宇治から来た者です。尼君にお目にかかりたい」。妙だと思って応対に出ると、外は冷たい雨が降りだし、湿った風に漂ってえも言われぬ良い香りが……。

ここで弁は、すべて薫が仕組んだ計画だったと知りました。匂宮と図って中の君を不意打ちしたときと同様、どうも薫のやり口が卑怯に思えるのは私だけでしょうか。

願ってもない来訪ですが、何の準備もないので小さな家は大騒ぎ。薫は浮舟と話したいと頼みますが、彼女もこういう時どうしていいかわからず、オロオロ。

乳母は焦れて「わざわざいらしていただいたのに、このままお帰しするわけには……。ちょっとひとっ走りして、奥様(浮舟母)のお耳に入れて来ましょうか」。弁は「無粋ですよ。今日のところはただお話されるだけでしょう。薫の君はとても慎重なお方ですから」

こうしてもみ合っているうちにも雨がひどくなり、空は真っ暗。警備の田舎侍が「家の南東側が崩れそうで危ない。お客様の車は、お帰りにならないのなら門の中へ入れて下さい。気の利かない人たちだ」。断りようもないので、薫はようやく席を設けられ、浮舟は女房たちに押し出されるようにして座ります。

ところがどうしたことやら、薫は会話もそこそこに中へ入り込み、二人はここで結ばれます。いつものグズぶりとは打って変わった速攻でした。浮舟はおっとりと彼を受け入れ、薫は可愛いと思います。まったく、どこが慎重なお方なんだか……。

突然どこへ!? いきなりミステリーツアー決行

夜明けが迫ります。耳慣れない物売りの声が薫の耳には面白く聞こえます。源氏が五条の夕顔の家で過ごした時も市井の物音に驚いていましたが、薫もこんな事は初めてです。

宿直の侍たちが門を開け、部屋に帰って寝るタイミングを見計らい、薫は家来たちに車を寄せさせ、浮舟を抱き上げて乗り込みました。

乳母以下、女房たちはこの行動にビックリ! 三日三晩男が通ってやっと正式な結婚となるシステムなのに、どこへ行くつもりかと大騒ぎ。おまけに今は9月(旧暦)で、結婚にはふさわしくない月とされています。

弁は「なにかお考えがあるのでしょうよ。大丈夫」となだめつつ「私は今回はご同行しません。中の君さまのお耳に届くこともあるでしょうし、黙って京へ来てこっそり帰ったと思われるのも……」。弁だって、いいように使われてばかりじゃ困ります。

そうだ、中の君にすぐさまこの事が知れてはきまり悪い。何と言っても真面目で軽率さのない紳士という前評判で来たのに、ここで送り狼のようなことまでして、素早く手を出してしまったわけですからね~。

薫は「中の君には後から詫びを入れればいいさ。とにかく見知った人がいないのは心細いから、一緒に」と再び弁に強い、女房も誰か一人付き添うように命じます。

こうして薫、浮舟、弁の尼、そして侍従という浮舟の側近女房を載せた牛車はどこかへ出発。小さな隠れ家に残された乳母たちは、突然の事態に呆然とするのみでした。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧