ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

SixTONES 田中樹「新しいことを僕たちがやっていって、それがルールになればいいな」映画『ブラック校則』インタビュー

近年問題視されている生徒を必要以上に縛り付ける理不尽な校則をテーマに描く青春ストーリー「ブラック校則」の映画が11月1日に全国公開、そして日本テレビにて連続ドラマ、Huluにてオリジナルストーリーがそれぞれ放送・配信中。

ブラック校則に青春を歪められた女子生徒を救うために立ち上がった佐藤勝利さん(Sexy Zone)・髙橋海人さん(King & Prince)演じる創楽(そら)&中弥(ちゅうや)のコンビが、やがてはブラック校則に縛られていた学校の生徒達の心をも解放するべく、奇想天外、ユニークな方法で戦う、恋と友情の青春物語です。

本作で、不良グループのボスであり生徒会副会長の【ミチロウ】を演じるのは、2020年1月22日にCDデビューすることが決まったSixTONESメンバーの田中樹さん。生徒会副会長かつ不良のボス、という安住の地を失いたくないため、校則を使い他の生徒達を締め付ける役どころです。

田中さんに、撮影で苦労した裏話や自身の校則体験談、今後チャレンジしたいことなどお話を伺いました。

「あ、俺まだ制服着れるんだ」と再認識できたのが嬉しかった(笑)

――ミチロウは、佐藤さん、髙橋さん演じる創楽・中弥とは対立するキャラクターですね。

田中:そうですね、なるべく2人を痛めつけるキャラです(笑)。

――どういった役作りをしていますか?

田中:あまり役作りはしていないですが、ミチロウはずっと怒っているんですよ。ずっとイライラしているし、常に誰かに突っかかっている。性格が悪くてネチネチしている感じなんですけど、特にキャラは作らずそのままイライラして演じています。それは別に周りの人に対してイライラしているわけじゃないですよ(笑)!? 日常でなんかイライラすることってあるじゃないですか。電車に乗れなかったとか、なんでもいいんですけど。そういうちょっとしたイライラを演技に持っていっている感じです。

あとは、ずっと怒っているから、いつもおでこや眉間にシワが寄っているんですよ。だから、いろんな眉間のシワの寄せ方だったり、怒った表情のバリエーションを風呂場の鏡を見て1人で研究したりしました。でも今のところ、撮影で披露できたのは2つだけです(笑)。

――ご自分の性格を活かして役作りしている部分はありますか?

田中:なんだろう? 僕って普段めちゃくちゃ優しいんで(笑)。でも監督とかに、「本当に性格悪く見えてくる」と言われて、自分でも演じていてあまり苦痛に感じないから、「俺って実は性格悪いのかな?」と思ってきたり(笑)。普段から声を張ったりすることも多いので怒鳴り声を出すのも別に苦じゃないし、普段から怒ってるわけじゃないのに眉間にシワが寄っているし、今回の役を演じる上で窮屈に感じることが意外と1つもないんですよね。あと、「あ、俺まだ制服着れるんだ」と再認識できたのが嬉しかったです(笑)。

――「本当に性格が悪く見えてきた」というのは最大の褒め言葉ですね。

田中:褒め言葉なんだけど、あまり嬉しくない不思議な感覚です(笑)。

――いじめ抜く役として対立する佐藤さん、髙橋さんたちの反応は?

田中:なぜか俺が丁寧に挨拶したりすると、「そんなキャラじゃないじゃないですか」ってツッコまれるんですよ(笑)。それで、「やっぱり俺って性格悪いのかな、俺どんなキャラに見えてたんだよ!」と思って。

――田中さんとしては、いつも通りに現場に入っているんですよね?

田中:少しおちゃらけてはいますけど割りといつも通りのはずなので、後輩から見ると、俺って本当はミチロウっぽく見えてるのかな……って(笑)。でも直接聞いてみて本当にそう見えていると言われたらショックなので、そこは触れないでおきます(笑)。あと、本当にこれは申し訳ないんですけど、一番遅く現場入りして、一番早く帰ることが多いんですよ(笑)。撮影スケジュールでそうなっていて。俺が「お疲れさまでした」って言うと現場でウケるんです。そうやって現場では周りに若干いじられていますね。

――佐藤さんと髙橋さんとはどんな雰囲気で接しているのでしょうか。

田中:懐いてくれるというか、仲良い後輩は数少ないんですけど、その中で海人と勝利は割りと仲良く自分からきてくれるタイプの2人だったので、現場でゼロから仲良くなっていくというよりは元から関係値があってのスタートで、そこも楽しく撮影が出来ています。

――演じていて楽しい瞬間は?

田中:役柄的に、先生や自分より立場が上の人にも物怖じしなかったり、ある先生の弱みを握っていたりして、対等というより、むしろ自分が上の立場にいることがあるんです。ベテランの俳優さんにタメ口で刃向かえる感じは、普段だったら絶対にできないじゃないですか。裏では「おはようございます」と挨拶しているんですけど、撮影がスタートしたら、先生に対して舐めた態度をとったりするのが、普段じゃあり得ないことなので楽しいです。

猫を被って嘘をつくお芝居で参考にしたことは……

――本作の撮影で大変だったことがあれば教えてください。

田中:ミチロウは柔道部の主将でもあるんですけど、柔道のシーンがめっちゃ大変だった。本当に格闘技をやっている人を投げたりしなきゃいけなくて、僕はか弱いじゃないですか(笑)。だからめっちゃ大変でした。周りのエキストラの方が本当に柔道をやっている方たちなので、「どう見ても俺の方が弱く見えるよな、どうしよう……」と思って。でも撮影時に、「本当に初めて?」と褒めていただいたりもして良かったんですけど、一番苦労したのは、その柔道部という設定ですね。撮影に入るまで時間がなかったので、柔道の動画をめっちゃYouTubeで観ました。

――柔道の技などはダンスの振り付けを覚える感覚で覚えたのでしょうか?

田中:その場で「この技をやってください」と言われて、足の運び方や手の動かし方を見よう見まねでやりました。柔道場で30℃前後の真夏に、撮影の都合でドアも閉めて冷房も何もない中でずっと投げ続けてみたいな感じだったので、肉体的にキツかったです。

――では、メンタル的にキツかったことは?

田中:ミチロウは、めっちゃ嘘つくんですよ(笑)。それこそ創楽(佐藤さん)や中弥(髙橋さん)には強く当たるんですけど、ちょっと猫かぶる瞬間があるんです。生徒会副会長がゆえに。それをどうやったらいいんだろう?と思って。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき