ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

佐藤勝利「Sexy Zoneは5人のもの」髙橋海人「キンプリは来世でも一緒にいるかも」宣言にファン歓声 田中樹のカッコいい先輩エピソードも続々『ブラック校則』舞台挨拶

佐藤勝利さん(Sexy Zone)・髙橋海人さん(King & Prince)共演で話題の、近年問題視されている生徒を必要以上に縛り付ける理不尽な校則をテーマに描く青春ストーリー「ブラック校則」の映画が11月1日に全国公開、ドラマが10月14日から日本テレビ、Huluにて配信開始しています。

映画の公開を前に、10月22日に丸の内ピカデリーにて完成披露試写会が開催され、佐藤勝利さん、髙橋海人さん、モトーラ世理奈さん、田中樹さん(SixTONES)、箭内夢菜さん、堀田真由さんらメインキャストと、菅原伸太郎監督が登壇しました。

本作は、ブラック校則に青春を歪められた女子生徒を救うために立ち上がった佐藤さん・髙橋さん演じる創楽(そら)&中弥(ちゅうや)のコンビが、やがてはブラック校則に縛られていた学校の生徒達の心をも解放するべく、奇想天外、ユニークな方法で戦う、恋と友情の青春物語。

佐藤さんは、「初単独主演と書かれるのは少しビックリはしたんですけど、僕の初めての単独主演作品が『ブラック校則』でよかったなと思いますし、この作品はすごく社会的なメッセージも入っていて、学校のこともそうですし、社会の理不尽なことも描かれているので、高校生だけじゃなく、大人も楽しめる映画になっていると思います。すごく余白のある映画なので、いろいろな想像をして、思うままに感じ取ってほしいなと思います」と挨拶。

挨拶に聞き入る観客の雰囲気を察した佐藤さんは、「なんか緊張させてますよね?僕の悪い癖で人を緊張させるという能力があって……」と切り出し、「なぜかというと、出る前に、樹くんとかに、『Yahoo!ニュースに載るようなことを言えよ』って言われて、ハードルが高いんですよ」と理由を明かすと、一気に和やかなムードに。

そこから、撮影時のエピソードについてトーク。まずは佐藤さんが田中さんのカッコいい話を語りました。

生徒キャスト10人ほどで軽い打ち上げとしてごはんに行った際、舞台期間中のため先に帰った田中さんに、佐藤さんが電話やメールで「ありがとうございました」と連絡すると、「もう払ってるから」と言われ、「本当にカッコいい先輩だな、とそこで感じました」と佐藤さん。この話を聞いた客席からの歓声に「ありがとう、気持ちいい」と田中さんも笑顔を浮かべました。

続いて髙橋さんが、佐藤さんのカッコいいエピソードを語ります。作品のクランクイン前に佐藤さんから誘われ、2人で決起集会としてごはんに行ったそう。「その中で言われて一番心に残ったことが、勝利くんが、『とりあえず海人はこの作品を楽しんでくれたらいいから。俺が現場づくりとかはするから、とにかく海人は中弥として作品を楽しんで』と言われて、本当に頼りになる方で、とりあえず楽しもうと思って作品に入って楽屋に入るじゃないですか。そうしたら勝利くんが部屋の一番端っこでちんまり台本を読んでいるんですよ。それを見て、めちゃめちゃ可愛いじゃん、と思って」と、カッコいいエピソードのはずが、佐藤さんも「(自分で)言ってることと違うけどな。全然仕切れてないもんね」と思わず反省。

しかし、髙橋さんは「だから、ワンちゃんみたいで飼いたいなと思って。でも、(クランクイン前に)言ってくれたことはすごく嬉しくて、撮影が2か月間あったんですけど、ずっと作品中楽しもうという気持ちで頑張れたので、そこは本当に勝利くんのおかげだな、とありがたく思っています」とお礼を述べました。

田中さんは、撮影時に複雑な気持ちに。佐藤さん演じる創楽に絡むシーンでOKが出た後に、菅原監督が近寄ってきて、小さな声で「本当に嫌なヤツに見えますね」と言われたそう。「そのときに、ミチロウを演じられているという気持ちと、本当に嫌なヤツに見えているんだ、俺……、という絶妙な儚い気持ちになったのが印象に残っていますね」と田中さん。

菅原監督は田中さんの演技が「素晴らしかった」からだと説明し、「樹くんは柔道部の役で勝利くんをいじめるシーンで投げ飛ばすんですけど、投げ飛ばす度にカットがかかると『本当は好きなんだけど仕方なくやってるんだよ』と毎回ちゃんと声をかけていて。全部で5回くらい投げてもらって、3回めくらいまでずっと言ってたんですけど、だんだん言わなくなってきてニヤニヤしてきたのを僕は見ていて“本当に嫌なヤツなんじゃないかな”と、そこで思いました(笑)」と笑いを誘いました。

また、この日のMCは日本テレビの青木源太アナウンサー。すでにドラマの放送が始まっているので、SNSの感想をいくつか取り上げ、「面白くてテンポ感の外し方が気持ちよくてゾクゾクした」、「勝利くんの行動がぶっ飛んでいた」など紹介。

その流れで、「『しょりたん、海ちゃん、樹くん、まじ尊い 東京都36歳・男性』……あ、ごめんなさい、これ私の意見でした」と自分の感想を伝えると、「濃いめのファン感がすごい」と佐藤さんたちに返されていました。

Sexy Zoneのメンバーもドラマを観てくれているようで、佐藤さんは「ケンティー(中島健人)は最後のエンドロールの写真を送ってきて、感想を聞いたらグーサインの絵文字だけで返ってきて。いつも言葉巧みに俺を翻弄するあのケンティーがですよ? あのケンティーでも言葉にならないというか、すごい響いてくれたと思うので嬉しかったです」と述べました。

ブラックルール?キンプリはメンバー内恋愛禁止!

佐藤さんが「海人も樹くんも同じ事務所の僕らで出来たってことはすごく嬉しいこと」と喜びを述べましたが、実は3人とも同じ高校出身。

学生生活で経験したブラックなルールの話題では、厳しい高校だったようで「ほぼブラックでしたね(笑)」(佐藤)、「学校の校舎に向かって礼をしないと学校に入っちゃいけなくて」(田中)、「礼をしないと先生に怒られるんですよ」(髙橋)、「だから『ブラック校則』の登校のシーンに似ている高校ではある」(佐藤)など学生当時を振り返りました。

髙橋さんは「もう1つビックリする校則が、恋愛禁止なんですよ。やばいよね(笑)。生徒手帳の校則のところに普通“恋愛禁止”って書いてあります? 俺、始めて見たとき少女漫画かと思ったもん(笑)。びっくりしました」と語りました。

さらに、髙橋さんが「身近なところでいうと、僕のグループ・King & Princeで決まったルールが1つあって。それが、メンバー内恋愛禁止」と発表すると、「高校からキンプリと、ずっと恋愛禁止なんだな」とツッコミを入れる佐藤さん。

「そう。やっぱりこれからずっと先、何十年、何百年て(キンプリメンバーと)一緒にいるわけでしょ。来世でも一緒にいるかもしれない」の髙橋さんの発言にファンからは感動の言葉にならない声があがります。

「それで、この先歩んでいくと何が起こるかわからないじゃないですか。そこはとりあえず恋愛禁止というのを作っておこう、とうちのリーダー(岸優太)が作りました」と、キンプリ内のルールを明かしました。

また、学年により登下校のルートが分けられていたため、「学年が違うから樹くんと一緒に登下校できなかった」と佐藤さん。「仕事の前とか、樹くんがごはんに連れて行ってくれるときも、学校から駅までは別々のルートで行って、駅で合流してごはんに行って……あ!そのときもおごってくれましたね!」と、佐藤さんの思い出エピソードに、田中さんも「(良いエピソードが)どんどん出てくるのよ(笑)」と満足げ。他にも佐藤さんは、学校のカーディガンを田中さんに貰ったことも思い出し、「樹くんのエピソード、バンバン出てきますね」と、厳しくも楽しかった学生生活を振り返りました。

「自分が校則を作るなら?」の質問に、佐藤さんは「1つは、映画『ブラック校則』を絶対に観なきゃいけない。自腹でね! 学校側は補助はしません!」と主演らしいアピール。

髙橋さんは、「僕は自由に生きすぎて規則に縛られるのはなぁ……」と悩むも、「やっぱりずっと笑っていたいじゃないですか。だから、“1日5時間以上は笑わなきゃいけない”。笑顔って平和だよ! 本当に笑えない日とかあるじゃないですか。そういうときでも笑わなきゃダメなんですよ。1日5時間」の校則に、「けっこう長いよ」「キツくない!?」と佐藤さん、田中さんにツッコミを入れられつつ、「けっこう良い案出ましたね」と、髙橋さん本人は納得しているようでした。

また青木アナは、報道陣向けのフォトセッションの間も会場に流れているSexy Zoneが歌う映画主題歌「麒麟の子」にノリノリになり、鼻歌を歌う場面も。

最後に主題歌について佐藤さんに話を振ると、「(新曲リリースは)11ヶ月ぶり。いろいろあったグループですけど、Sexy Zoneでは僕が出演していますが、Sexy Zoneは5人のものなので、そのグループに主題歌をやってもらったのは嬉しいですね。いろいろあったんですけど、応援してくれている人がいるからここまでやってこれたのもあるので、『ブラック校則』で『麒麟の子』も含めて勢いを付けていきたいと思っています」と挨拶し、締めくくりました。


動画:映画『ブラック校則』(11.1公開)予告編
https://youtu.be/Canie9ujYdM[YouTube]

『ブラック校則』映画<11.1> × ドラマ&Hulu<10.14> START!
【STORY】さえない青春を生きていた高校生・創楽(佐藤勝利)と親友の中弥(髙橋海人)。彼らが通う高校には理不尽に生徒を縛り付ける校則=“ブラック校則”がはびこっていた。ある朝、登校してきた1 人の女子生徒に創楽は心を奪われる。彼女の名前は希央(モトーラ世理奈)。生まれ持った美しい栗色の髪を黒く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学寸前に。そして創楽と中弥は決意する。「ブラック校則をぶっ壊す!」。
1人では何もできなかった2人が、恋するあの子のため、そして500人の生徒の青春を取り戻すために、ブラック校則と大人たちに立ち向かう!
恋と友情の行方は?果たしてブラック校則は?

出演:佐藤勝利(Sexy Zone) 髙橋海人(King & Prince)
モトーラ世理奈 田中樹(SixTONES/ジャニーズ Jr.)箭内夢菜 堀田真由 葵揚 水沢林太郎 達磨
成海璃子 片山友希 吉田靖直 戸塚純貴 星田英利 坂井真紀 / 光石研 でんでん / 薬師丸ひろ子
脚本:此元和津也 監督:菅原伸太郎 音楽:井筒昭雄 主題歌:Sexy Zone「麒麟の子」(ポニーキャニオン)
企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム 配給:松竹
(C)2019 日本テレビ/ジェイ・ストーム

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき