ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

多くのAndroid 4.0スマートフォンに対応するノートPC型モニタドック「Clambook」

MotorolaがAtrixとともに提供を開始したノートPC型モニタドック「ラップドック」。それと似たコンセプト・形状の「Clambook」が米国のモバイル機器アクセサリーメーカー ClamCaseより発売されるようです。アルミボディのスリムなモニタドックで、スマートフォンの画面表示をドックのモニタ上に表示、キーボードやトラックパッドを使って操作・文字入力することができるようです。製品はiPhone向けとAndroid向けがラインアップされており、Android向けはAndroid 4.0(ICS)を搭載したスマートフォンで利用可能とされています(接続にMHL技術が使用されているので、対応機種はMHL対応端末のみになると思われます)。Android向けにはAndroidの操作ボタンまで搭載されたりもしています。Motorolaの一部のハイエンドモデルにはマルチウィンドウ環境を提供するソフトウェア「Webtop」が搭載されていますが、ClambookではそのWebtopにも対応するそうです。便利そうですね。しかし、製品ページには注意事項として、Clambookの特徴的な機能の多くを利用するためにはシステムのカスタマイズが必要になると記されています。”ジェイルブレイク”あるいは”ルーティング”という文字で説明されています。Android向けはroot化しないと本領を発揮しない製品のようです。価格や発売日、製品仕様は今のところ公開されていませんが、発売時期は”今年のホリデーシーズン”と記されています。。発売までにしばらく時間がかかりそうです。現在は同社公式サイトで更新情報等のメール通知登録受付が行われています。Source : ClamCase



(juggly.cn)記事関連リンク
英Clove・HandtecにGalaxy S III(ホワイト)が入荷
Evernote、Android版「Evernote Food」のリリース
ASUS PadfoneがデスクトップPCになるドッキングモニタがComputex 2012で展示

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。