指原莉乃がアイドルファンに共感し感涙!「まず本人(推し)のために何かしてあげたいという気持ちが一番刺さる。押し付けじゃない無償の愛」

access_time create folderエンタメ

指原莉乃が10月16日放送の「すじがねファンです!」(テレビ朝日)で、早見あかりのファンの献身さに胸を打たれ涙を流した。

この日の放送では、アイドルグループ、ももいろクローバー(通称、ももクロ)に2年半所属し、現在は女優の道へ進んだ早見あかりと、早見をももクロ所属当時から応援している“すじがねファン”が登場。

早見は、ファンサービスであるのはずの指差しは壁や天井に向け、握手会で「いつも頑張ってくれてありがとう」とファンから声をかけられても特にレスポンスなしの超塩対応のドライアイドル。よくあるアイドルの握手会では一度握手をしても列に並び直して何度も握手をするファンがいるが、あまり握手会が好きではない早見のために、「あまり何回も並び返さないほうがいいかな」とファンが気を遣っていたほどだという。

「たしかに無愛想だとは思いますね」と言う早見は、ファンが喜ぶ対応は頭ではわかっているが、「あえて媚びて私のファンでいてくれという必要ないかなって」と語る。そんな早見のファンはM体質の人が多いと分析し、「少し笑ってもらえた」など冷たくされる中に喜びを見出していたと述べるファン。

しかし、MCの今田耕司が「(塩対応すぎて)拒否されてると思わない?」とファンに尋ねると、「ちょっと悲しくなりましたね」と1人の男性ファンが本音をこぼす場面もあった。

同じく番組MCの指原莉乃は、「今までの(番組に出演した)ファンの方の中で一番共感してます」と感想を述べ、「今までのファンの方ってそれはそれで全然いいんですけど、自分の幸せのために行動しているじゃないですか。(早見のファンは)そうじゃなくって、それよりもまず本人(推し)のために何かしてあげたいという気持ちが一番刺さる。押し付けじゃない無償の愛」と感動したようだ。

また、「私はアイドルに向いていなかった」と言って脱退宣言させたことを、「ファンとして支えられなくてすごく悲しかった。アイドルをやっていて楽しいと思わせられなかったのはファンの責任だな、って」と、自分たちの応援が足りなかったと悔やむ女性ファンに、「ずっと辛かったわけじゃない。楽しかったんですけど、向いていなかっただけなので。つまらなかったから辞めたんじゃない」と早見。ファンが「応援足りてた?」と質問すると、早見は「もちろんです!」と即答。

早見が「逆に申し訳ないなと思うこともいっぱいあって」と涙を浮かべ、「ちょっと救われてもいいのかな」「11年推してきてよかった」と笑顔をみせたファンとのやりとりに、指原も「すごい良い関係」と思わず涙を流した。


また、指原は番組放送前に、「一度でも誰かの『オタク』になったことがある方、みてほしい。。いつも染みてるけど、今回特に染みた。。」とTwitterでも熱く告知していた。

関連記事:
早見あかり 嘘をついて笑えず塩対応“ももクロ脱退”の真相に涙「比べられてもしんどくなかったし、逆に頑張る活力になった」不仲説についても言及
https://getnews.jp/archives/2241818

access_time create folderエンタメ
ぽん

ぽん

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧