ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第23回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第23回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 10月になりました!執筆中の今日は真夏日、10月らしからぬ陽気でまだまだ汗だくです。今週もよろしく~!

★今週のお題『フェス』

今年は「SUMMER SONIC 2019」に行ってきましたよー!

お目当てはもちろんRANCID(ランシド)と今激推しのThe Interrupters(インタラプターズ)そしてレッチリ!8月ど真ん中でホントめちゃくちゃ暑かった。ワクワクしながら幕張まで。初の木村カエラちゃんも観れました。そこから急いでインタラプターズの1stステージへ。ずんずん進んで気づけばわりと前の方に。SEがスペシャルズの”Ghost Town”でそこから最高。メンバーがダッシュで出てきて演奏スタート、煽ってあおってボーカルのエイミーが登場。

一曲目は「A Friend Like Me」、”私みたいな友達は他にはいないよ!”という曲。初の来日でオーディエンスとの距離を縮めるのに最適だったと思う。とにかく私の好きな曲ばかりが続き、Billie Eilishの「bad guy」のカバーまで!1時間弱のステージ、素晴らしかったです。

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第23回

そこから少し時間が空いて、お次はスタジアムでランシド!記憶にもないような小さな頃に両親に連れられ観に行ったことがあるんだけど、もちろん物心ついてからは初なのでテンション上がったな〜。ただ彼らの出番が14時過ぎくらいで、日差しも1番強くてとにかくめちゃくちゃ暑かった。10年分くらいの汗を一気にかいたような感覚でした(笑)。

汗だくの中でもやっぱり最高でしたよ!色褪せてなかった。特にサマソニ前はずっと聴いてたから、最後に「Ruby Soho」が来るのは分かっていたもののやっぱり盛り上がるしテンションマックス。ちなみにここでもインタラプターズのギター、ケヴィンがオルガンで参加。この後インタラプターズはもう1ステージ控えていたので、間違いなくこの日1番忙しかったのは彼ですね(笑)。

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第23回

そして恐らくケヴィンが汗をしっかり拭く時間もないまま始まったインタラプターズの2ndステージだけど、最初のステージよりも小さめで音量も100db以内(デシベル=音の強さを表す単位)に収める規定がありほぼ生音が聞こえてる感じ。これがまた良かったのです!凄いドライブ感のあるライブでした。ここらへんでかなり燃え尽きた私、続いて同じステージでダムドも見ましたがほぼ記憶ぶっ飛んでおります…(笑)。

合間に色々美味しいものが食べられたり飲んだりできるのがフェスの醍醐味なのだね、再認識しました。

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第23回

ラストのレッチリはもう、ね。お分かりでしょう!(笑)。凄い!の一言。ライブ最初から最後まですごー、うわー、やばい、しか言ってなかったです。貫禄と重圧感にまず圧倒されたし、流石に迫力あった。いつか生で聴きたいって思ってた「Under the Bridge」も良かったなぁ、、大満足のセットリスト。あと、照明がめちゃくちゃカッコよくて、曲のキメの部分で4人それぞれ違う色で照らされたりして。ラストに日本の観客に向けてフリーが感謝の言葉をくれた。”僕たちこれからも謙虚に頑張り続けます”と言ってステージを去り、大画面に日の丸を大写し(笑)嬉しいよね!

こんな感じで私の初フェス体験は楽しく幕を閉じました。翌日は抜け殻状態だったけど来年はフェスに沢山行けますように。海外のフェスに行きたいわ〜い!

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第23回

★今週の1曲Billie Eilish「bad guy」

先程もお話ししたビリーアイリッシュの曲。インタラプターズがスカアレンジでカバーしてます!最近YouTubeにMVもアップされてました。

“White shirt now red, my bloody nose
Sleepin’, you’re on your tippy toes
Creepin’ around like no one knows
Think you’re so criminal”

-“白いシャツは赤くなった、私の鼻血のせい
寝てる間にあなたはつま先で歩いてる、誰もわからない様に忍び寄る
あなたは罪なひと”

出だしから鼻血の話でびっくりよね。本当にMVでも鼻血出してて初めて見たとき驚いた。そこも、オーディエンスが食いついたとこだと思う。

“So you’re a tough guy
Like it really rough guy
Just can’t get enough guy
Chest always so puffed guy
I’m that bad type
Make your mama sad type”

-“あなたはタフな男
激しい、満足出来ない男
胸をいつも膨らませてる男
私はそういう悪いタイプ
あなたのママを悲しませるタイプ”

この後、”I’m the bad guy- 私が悪い男”と続いて、こちらがお前かいっ!ってなった後、”Duh”って言うのね。発音はそのまま”ダー”。当たり前という意味だけど、ちょっと相手を小馬鹿にしてるというか、友達同士の遊び半分の会話でよく使われます。目上の人には言わないでね!!怒られます。

“I like when you get mad
I guess I’m pretty glad that you’re alone
You said she’s scared of me?
I mean, I don’t see what she sees
But maybe it’s ‘cause I’m wearing your cologne”

-“あなたの怒る時が好き
私は意外とあなたが独りなのが嬉しいみたい
彼女は私を恐いって言ってたって?
よく意味分かんないけどさ
それって多分私があなたの香水つけてるからかもね”

めっちゃ匂わせるタイプ(笑)面白いけど怖い!

ここで“I mean”が出てきますが、これは「つまり」とか「いやその」とかの意味で使います。だから、とかでも通じますね。

これには色んな意味と使い方があって、1.この「つまり」などにあたる、2.「本気だよ」とか強い気持ちを伝えるときに使える。3. 何か言い間違えた時に言い直す言い方。「あ、じゃなくて」とかが近いかな。

また英語のフレーズ紹介になってしまいましたけれども、ぜひともそれらにも注目して本家ビリーも、インタラプターズカバーも、聴いてみてね!

それでは今週はここまで。ラヴェンダーズは10/12に高崎、私個人で10/14は西早稲田で弾き語りもありますよ〜。11/1には7インチリリースパーティも控えてますので、是非ぜひぜひ遊びに来てくださいね!お待ちしてます!

ではまた次回!(10月23日(水)掲載)

LUV-ENDERS / 恋することのもどかしさ

リリース情報
◆トーキョー・パワーポップの新星、AKIRA 率いる ”Luv-Enders” 11/3 レコードの日に7inchシングル2枚同時発売!デビューライヴから披露していた、森山達也(THE MODS)作曲・森山達也 作詞・AKIRA による、どストライク・パワーポップナンバー「恋することのもどかしさ」遂にリリース!更にカップリングも1stアルバム『Luv-Enders’ Invasion!』に収録された有名曲、「THE END OF THE WORLD」カバーを収録!もう一枚は2ndアルバム『Luv-Enders’Explosion!』に収録の森山達也(THE MODS)作曲、AKIRA作詞で初のオリジナル曲「Homecoming」カップリングにマーサ & ザ・ヴァンデラスの超名曲「(Love Is Like A) Heat Wave」をカバー収録!全DJ感涙、クラブ・ヒッツ必至の2枚同時リリース!

文・写真:ラヴェンダーズ AKIRA

★ライヴ情報
★2019年10月12日(土) @高崎JAMMER’s
“CROSS OVER Vol.3”
共演: 忘れてモーテルズ / THE STEPHANIES / THE LET’S GO’S 他
OPEN/START 16:00
ADV. ¥2500+1D DOOR ¥3000+1D
問)高崎ジャマーズ 027-388-8800

★2019年10月14日(月祝) @西早稲田BLAH BLAH BLAH (AKIRAソロでの出演となります。)
“In high spirits!!”
共演: 浜辺シゲキ / 堀口知江(LEARNERS)
OPEN 18:00 / START 19:00
ADV. ¥2500+1D / DOOR ¥3000+1D
問)西早稲田BLAH BLAH BLAH03-6380-3113

◆LUV-ENDERS 7インチシングル発売記念パーティ「LUV-ENDERS’ ATTRACTION 」
★2019年11月1日(金) @下北沢 BASEMENT BAR
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV. ¥3,000 / DOOR ¥3,500
出演: LUV-ENDERS, EL COYOTE / AKIRA (LUV-ENDERS)、矢沢洋子 (PIGGY BANKS)、KEME (トーキョーキラー, PIGGY BANKS)
KOZZY’S ROCKSVILLE ALL STARS / KOZZY IWAKAWA、高木克 (ソウルフラワーユニオン)、トミー神田、YAMA-CHANG、JOHNNY他 ゲストあり
DJ:MIWAKO、JOHNNY (THE COLTS) 問)03-5481-6366 ベースメント・バー
(7インチシングル「恋することのもどかしさ / The End of the World」「HOMECOMING / Heat Wave」は11/3 レコードの日発売となります)

★ラヴェンダーズ最新情報はこちら
・ラヴェンダーズAKIRA Twitter
https://twitter.com/akira_luvenders
・ラヴェンダーズ facebook
https://www.facebook.com/luvenders/
★【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME アーカイブ
http://u0u1.net/QdD6

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき