ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

マクドナルドも代替肉に本気 ベーコンのB.L.T.じゃなくてプラントのP.L.T.をカナダでテスト発売

最近、アメリカのファストフードチェーン各社が、代替肉を使ったメニューを次から次へと発表しています。9月26日には、ファストフード業界の巨人マクドナルドが、満を持して代替肉メニューを発表し、話題となっています。


https://twitter.com/McDonaldsCanada/status/1177168435664625666
マクドナルド・カナダは、代替肉を使用したハンバーガー、P.L.T.(植物を意味するプラント、レタス、トマトの略)を、オンタリオ州南西部の28店舗限定でテスト販売することを明らかにしました。P.L.T.に使用するパティは、ケンタッキーフライドチキンの「Beyond Fried Chicken」を提供したビヨンド・ミート(Beyond Meat)の代替肉となります。

ケンタッキーフライドチキンが代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」をテスト販売
https://getnews.jp/archives/2198131[リンク]

日本でも代替肉を使った商品は地味に出回っているようですが、まだ認知度的にはイマイチな印象です。

それでもモスバーガーが台湾の一部店舗でビヨンド・ミートの代替肉を使ったメニューを提供し始めていたりします。消費者に支持されるか否かを各社見極めようとしているわけですが、日本国内のファストフード店にも、代替肉を使ったメニューが登場する日がそろそろ来るのではないでしょうか。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/McDonaldsCanada/status/1177168435664625666

※ソース:
https://www.mcdonalds.com/ca/en-ca/local/plt.html
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO47440760X10C19A7000000/

(執筆者: 6PAC)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき