ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ケンタッキーフライドチキンが代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」をテスト販売

8月26日、ケンタッキーフライドチキンは、8月27日にジョージア州スマーナのコブ・パークウェイ店限定で、代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」をテスト販売すると発表しました。Beyond Fried Chickenは、植物由来の人工肉を開発・製造するスタートアップ企業、ビヨンド・ミート(Beyond Meat)と提携し、開発されたもの。

今回提供されたのは、ナゲットと骨なしウィングのBeyond Fried Chicken。価格は税別で6~12ドル(約630~1270円)。


https://twitter.com/kindlee55/status/1166357939772411905
8月27日当日の開店前の様子。Beyond Fried Chickenカラーになったコブ・パークウェイ店ですが、開店前の時点で、店のまわりを2周するくらいの車の列ができていたそうです。


https://twitter.com/BeyondMeat/status/1166400200367173632
Beyond Fried Chickenを求めてこんなに多くの人が来店しました。


https://twitter.com/thegeekinvegan/status/1166422366332825601
購入するのに4時間待ったという女性のツイート。「それだけ待つ価値はありました」とのことです。


https://twitter.com/kfc/status/1166459237649666048
Beyond Fried Chickenの売り切れを告知するツイート。

消費者の選択肢の1つとして、代替肉がファストフードチェーンの定番メニューになるのも、そう遠い未来の話ではなさそうです。

※画像とソース:
https://www.prnewswire.com/news-releases/kfc-leads-as-first-national-us-qsr-to-test-plant-based-chicken-in-partnership-with-beyond-meat-300906600.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき