点字書籍を持ち運ぼう!点字の電子書籍デバイス「DotMini」が画期的

access_time create folderデジタル・IT
今や多くの人が当たり前のようにKindle、iPadなどの電子書籍デバイスを自由に持ち運んでは、場所を問わず電子書籍コンテンツを楽しんでいる。しかし、目の不自由な方々はこれらの恩恵を受けられずにいた。

そんな障壁を壊そうと動いているのが、韓国の会社Dot Incorporationだ。当社は過去に点字のスマートウォッチ「DotWatch」を発表し話題となったが、次は点字の電子書籍「DotMini」をMakuakeにて発表した。

・点字書籍を持ち運べる!

DotMiniは、一言で言うと「点字版の電子書籍デバイス」と思ってもらって間違いはないだろう。デバイス表面には点字版が搭載されており、コンテンツのテキストに応じて凹凸を組み合わせた16セルの点字を表現することができる。

SDカードやUSBで点字テキストコンテンツをインストールすることで、外出先でも簡単に点字コンテンツを楽しむことができる。将来的にはネット上から点字コンテンツをダウンロードできるようにすることも検討中だそうだ。

・音声読み上げや録音機能も

音声ファイルをインストールすれば、音声コンテンツをイヤホンで楽しむこともでき、さらに録音機能も搭載されている。点字だけでなく、音声を通した機能が搭載されている点は目の不自由な方にとっては助かる機能なのではないだろうか。

まだ未定ではあるものの、楽天Koboとのコラボレーションも検討中とのことで、将来的な可能性を多分に秘めたデバイス/技術と言えるだろう。DotMiniは、今ならMakuakeにて10万円から出資注文が可能で、キャンペーンは2019年10月24日まで実施されている。

今はまだ価格はなかなかするものの、このようなデバイスの普及が進めば、より多くの人の手に届く時代がやってくるのもそう遠くはないのではないだろうか。

執筆:Doga

DotMini/Makuake

Dot Incorporation

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧