1位は「ジョーカー」 Filmarksが2019年10月公開映画期待度ランキングを発表

access_time create folderエンタメ

つみきが運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は9月27日、ユーザーが観たい映画として登録したClip!数に基づく「2019年10月公開映画期待度ランキング」を発表しました。結果は次の通り。

2019年10月公開映画期待度ランキング
1位:ジョーカー 49,526 Clip! [10月4日公開]
2位:イエスタデイ 30,779 Clip! [10月11日公開]
3位:マレフィセント2 18,171 Clip! [10月18日公開]
4位:ジョン・ウィック:パラベラム 17,072 Clip! [10月4日公開]
5位:蜜蜂と遠雷 10,755 Clip! [10月4日公開]
6位:ボーダー 二つの世界 9,917 Clip! [10月11日公開]
7位:楽園 8,783 Clip! [10月18日公開]
8位:空の青さを知る人よ 6,181 Clip! [10月11日公開]
9位:ジェミニマン 6,007 Clip! [10月25日公開]
10位:真実 5,881 Clip! [10月11日公開]

第76回ヴェネツィア国際映画祭<金獅子賞>を受賞したことでも話題の「ジョーカー」が10月の期待度No.1を獲得。邦画では、直木賞&本屋大賞W受賞した恩田陸の長編小説の実写化「蜜蜂と遠雷」が最上位という結果になりました。

Filmarks | 映画情報サービス – 国内最大級の映画レビュー数
https://filmarks.com/

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧