エリア51からの現場レポート映像に突然“ナルト走り”が映り込む エイリアンの仕業か!?

access_time create folderエンタメ

今年7月に、米ネバダ州にあるエリア51に殴りこもうという意味の、「ストーム・エリア51(Storm Area 51)」という企画がFacebookで立ち上がりました。

Storm Area 51, They Can’t Stop All of Us
https://www.facebook.com/events/storm-area-51/storm-area-51-they-cant-stop-all-of-us/478120393001717/[リンク]

Facebook上では200万人が企画に興味ありとしたものの、実際に集まるのは3~4万人程度と予想されていました。


https://twitter.com/mickakers/status/1174983403160006656


https://twitter.com/mickakers/status/1175015197464911872
ところが、蓋を開けてみると、決行日の9月20日にエリア51のゲート前に集まったのは、たったの150人という結果に。上記ツイートでも閑散とした様子が伺い知れます。


https://twitter.com/gingerbreadheau/status/1174975582909554691
アメリカのメディアも現地からの様子を伝えるためレポーターを現地へと派遣しましたが、現場レポートを放送中、「ナルト走りでエリア51に突入しよう」という呼びかけに答えた一人の男性による華麗なナルト走りがニュース映像に入り込んでしまいました。

Getting ready for Alienstock in Rachel(YouTube)
https://youtu.be/RL0P76BULHY


オリジナルのニュース映像では、1分8秒過ぎあたりでナルト走りを確認できます。

結果的に、「ストーム・エリア51」は企画倒れになってしまったようです。

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=RL0P76BULHY

※ソース:
https://www.forbes.com/sites/lisettevoytko/2019/09/20/2-million-people-said-they-would-storm-area-51but-only-150-showed-up/#658fee6231b0

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧