ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「東京ゲームショウ2019」注目のインディーゲーム6選+α

9月12日から15日の四日間にかけ、千葉の幕張メッセにて開催された「東京ゲームショウ2019」。毎年恒例のインディーゲームコーナーは、昨年に続く形でさらなるスペース拡大が図られ、位置もホール入口付近に改められるなどして一新された。

また、これまで同コーナーで新作を展示していたPLAYISMが独自ブースを設置。(事実上の)独立を成し遂げたことも話題になった。

昨年に引き続き、この記事では会場で見つけたゲームの中から注目の6作品とプラスアルファを紹介する。厳密にはもう一本、『薔薇と椿』を含めて7本となるのだが、同作は単独記事として紹介している。そちらも合わせて、注目作を振り返る記事としてご覧いただければ幸いだ。

オレンジブラッド

tgs_indie_01

まず、今年単独ブースを設置したPLAYISMブースに出展されていたゲームより一本。「Grayfax Software」制作のロールプレイングゲーム(RPG)。

199X年、沖縄近郊に浮かぶ架空の人工島「ニュー・コザ」を舞台に、ある目的を持った四人の少女たちが銃火器片手に、街に巣食うマフィアや殺人ロボット相手に暴れ回るという物語を描いた作品だ。制作には『RPGツクールMV』が用いられており、メニュー画面のインターフェース、ターン制兼コマンド選択型の戦闘システムにおいて、その面影が見られる。しかし、戦闘では銃で戦う関係で弾数の概念が。そのため、状況を見てターンを犠牲にした装填(リロード)を行うことが求められる。また手に入る銃火器、防具類はランダム生成され、時にぶっ飛んだ武器が手に入って、戦術と難易度が一変する仕掛けもある。
さらに銃撃はフィールド上でも行え、敵シンボルに命中すれば動きを止めたり、先制攻撃を仕掛けられるアクションゲーム的な要素も盛り込まれている。今回のデモはオープニングから最初の中ボス戦までだった関係で、ランダム生成の銃火器、防具類は確かめられなかったのだが、銃弾の概念がある戦闘の独特さは十分に味わえた。

スクリーンショットの通り、全編ドット絵で描かれたグラフィックも素晴らしく、特に車が飛び交い、ネオンがギラギラ輝く「ニュー・コザ」の街並みは思わず息を飲む美しさと毒々しさがある。キャラクター達もアニメタッチで可愛らしく、それでいて台詞回しは物騒というギャップが強烈。このメンバーがどんな物語を紡いでいくのか、大変に興味深い。

2019年11月にPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」、PLAYISMストアでPC(Windows)版がリリース予定。その後、時期未定でNintendo Switch、PlayStation 4、Xbox Oneへの展開が計画されている。
実はゲーム部分のみならず、グラフィックも「Grayfax Software」のGrayfax氏たった一人で制作しているという本作。ドット絵好き、RPG好きなら要チェックの一本だ。

OUTRIDER MAKO ~露払いマコの見習い帖

tgs_indie_02

『オレンジブラッド』に続く形で、PLAYSMブースに出展されていたゲームよりもう一本。「マヨイ」と呼ばれる、神々の世界へやって来てしまった主人公「マコ」が、元いた世界に帰るため、運び屋の仕事に従事するという見下ろし視点の2Dアクションゲームだ。

基本的な流れは運び屋「ブモン」から仕事を引き受け、梱包した物品を依頼主へと届けるだけ。だが、時に物品を現地で調達し、それを工作台で梱包しなければならなかったり、敵との戦闘も発生したりと、その道のりは文字通りの山あり谷あり。危険な仕掛け、謎解きも数多く登場するので、やることとは裏腹に大変慌ただしい構成になっている。
マコのアクションにも敵に飛び乗り、「赤蜜」なる液体をかけて動きを封じる特徴的なものが。この手順を踏まないと攻撃が通らない敵も存在するので、積極的に乗っかっては、蜂のように”プスッ”と決める立ち回りがキモとなってくる。
敵だけでなく、柱などのオブジェクトにも飛び乗ることができ、ある程度ゲームが進むと、このアクションを応用して突破口を開く場面も出てくるようだ。
tgs_indie_03

実は先の『オレンジブラッド』のすぐ隣に展示されており、グラフィックもドット絵主体と共通している。描き込みも深く、和のテイストに溢れる世界観で独自性を発揮。アクションゲームとしても操作性が良好で、特に敵、オブジェクトへの乗っかりは小気味よく動いてくれて気持ちいい。敵を攻撃すると血飛沫のようなエフェクトが出るなど、演出面で不気味さを醸し出しているのも印象的だ。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき