ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

怖い、けど楽しい……! 映画『アナベル 死霊博物館』4DX with ScreenX 体験レポート[ホラー通信]

『アナベル 死霊博物館』4DX with ScreenX

死霊館ユニバース最新作『アナベル 死霊博物館』が9/20より公開。池袋グランドシネマサンシャインでは、4DX with ScreenXでの上映が実施されています。

4DX with ScreenXはその名の通り4DXとScreenXを一緒に体験できるもの。4DXは、映画のシーンに合わせた座席の動き、水やフラッシュ・香りなどのスペシャルエフェクトが楽しめる体感型アトラクションシアター。ScreenXは左右にも映像が出る3面スクリーンで映画の世界に没入できる上映システムです。

4DX with ScreenXでの上映は一劇場のみですが、4D上映、ScreenX上映はその他の一部劇場でも楽しむことができます。 対応劇場は公式サイトでお確かめを。

4DX with ScreenX 体験してきました

『アナベル 死霊博物館』4DX with ScreenX

筆者、4Dは何度か体験していますがScreenXは初体験。結論から言いますと、怖くて、楽しくて、テンションがブチ上がりました。

そもそもホラー映画+4Dの上映は、じっとりと怖さを堪能するタイプの作品には合わないでしょうが、本作はどちらかというとホラーアトラクションのような“ゴキゲン”寄りのホラー映画です。

死霊博物館に保管されていた呪い人形アナベルの封印がとかれてしまい、博物館の品々に取り憑いていた悪霊たちを引き連れ、留守番をしていた少女たちをあの手この手で恐怖のどん底に叩き込むというストーリー。観客の我々は、少女たちの恐怖を最先端の上映システムで臨場感いっぱいに体験できるというわけです。

劇中で何が起こるのかは観てのお楽しみですが、死霊館シリーズによく登場する激しいポルターガイストを全身で体感できたことはお知らせしておきます。怖いのはもちろんなんですが、「いま、死霊館の世界にいる!!」という興奮も凄まじかった。お持ちでしたら十字架を握りしめていると更に気分が出るかもしれません。

4D初心者にもチャレンジしやすい

『アナベル 死霊博物館』4DX with ScreenX

4D酔いが心配な初心者の方にも本作はオススメだと思います。アクション映画ではありませんから全編にわたって激しく動き続けるというようなことはありません。動く時は“ドーン!”と動くけどそうでないときはあまり無駄に動かさない、抑揚がきっちりしていたのが好印象でした。

動きが激しくて映像が見にくいということもありませんから、初見でいきなり4Dで観ても問題なさそうです。「せっかくの4Dだからめちゃくちゃ動かしてほしい!!」という方はやはりアクション映画のほうがオススメでしょう。

また、水が登場するシーンもほとんどないため、水がかかるエフェクトもありません。……とあるシーンを除いて(これは観てのお楽しみ)。寒くなるほど水がかかることはないので4D用に厚着はしなくてもよいでしょう。

ScreenXで“死霊博物館”に没入

『アナベル 死霊博物館』4DX with ScreenX

3面スクリーンで映画の世界に没入させてくれるScreenXは、映画全編ではなく、要所要所で左右に映像が映し出されるようになっていました。横にも映像が出ているとついついそちらを観たくなってしまいますが、横の映像は引き伸ばされており、正面を向いて視界の端に少々映り込むくらいがちょうど良いつくりになっています。

本作でのScreenXは、ウォーレン家の死霊博物館にそのまま入っていく感覚が味わえるのが非常に楽しい。また、厳重なケースに保管されるアナベルの視点を捉えたシーンでは、アナベルと一緒にケースに収納される気分が味わえます。これ、なかなかゾッとしました。

3面スクリーンが少々マッチしていないシーンもありましたが、ノイズになるほどではありませんでした。

ウォーレン夫妻ファンにもオススメ

『アナベル 死霊博物館』4DX with ScreenX

本作、『アナベル』シリーズには珍しく、ウォーレン夫妻もしっかり登場しています。かなり地味ではありますが、個人的に嬉しくなってしまったのは、夫妻が車に乗っているシーンです。エドが運転し、ロレインが助手席に座っている。そのシーンを4DX with ScreenXで観ることによって、その車に同乗している気分がかなりリアルに味わえます。「地味すぎるだろ」とお思いでしょうがこれは『死霊館』のウォーレン夫妻のファンとしてはものすごく高揚感がありました。「このままドライブ行こうぜ!」と叫びたい気分です。夫妻のファンの方はぜひ体験してください。

本作、シリーズ作を観ていなくても楽しめるようになっていますので、未見のお友達を誘ってみるのもアリでしょう。観終わったあと、ごはんでも食べながら「楽しかったね!」「あそこが怖かった!」と盛り上がるのにぴったりな4DX with ScreenX上映でした。あ、ひとりで観てもめちゃくちゃ楽しいのでご心配なく。

『アナベル 死霊博物館』
9月20日(金)全国ロードショー IMAX、4D
http://wwws.warnerbros.co.jp/annabelle-museumjp/

すべての画像が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき