東池袋大勝軒出身の名古屋の人気店ながら看板メニューは「東中野ブラック」!?  謎の多い“麺屋 山岸”に行ってみた

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。先日、名古屋に行ってきました。前から気になっているお店が一軒あって、今回行くことができたのでレポートしたいと思います。その名も“麺屋 山岸”。金山にある人気店です。

▲麺屋 山岸

“東池袋大勝軒”山岸一雄さんのお弟子さんのお店ということで、かなりマンマな店名に驚きます。

さらに驚くのがお店の看板メニュー。大勝軒のつけ麺ももちろん置いていますが、看板メニューは「東中野ブラック」「蒲郡ブラック」という2種類のブラックラーメンとのこと。

大勝軒なのにブラック? しかも名古屋なのに東中野? 本当に謎の多い店です。

▲東中野ブラック

こちらが「東中野ブラック」。まず、なぜ東中野なのかを店員さんに聞いてみました。

ここは元々山岸さんのお弟子さんがやられていたお店でしたが、体調を崩されたので、大手の会社に売却することになったそう。その会社のスープ工場が「東中野」にあって、そこで生まれたので名付けられたとか。

「蒲郡」は、社長が蒲郡にかつてあったラーメン屋さんの味を再現したことから付けられたのだとか。

漆黒のスープに大きめのチャーシュー、太めのメンマ、粗めに切ったネギがどーんと乗っています。上にはブラックペッパーがたっぷり。富山ブラックや大阪ブラック系に近い絵柄ですね。

スープはしょっぱいですが塩角が立ちすぎておらず、旨い! 太麺もプリプリで旨い。かなり中毒性の高い一杯。

▲最後はスープ割りで

最後には昆布ダシのスープ割りが出てきて、割って飲むのがオススメ。

なかなかネタの多いお店ですが、美味しいラーメンを出しているので、ぜひ足を運んでみてください!

麺屋 山岸
愛知県名古屋市中区金山1-18-8
052-332-1136

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧