ツートンカラーのロブスターが発見される 5000万分の1の確率で突然変異

access_time create folder政治・経済・社会

見事なまでに体の半分は黒、もう半分はオレンジ色のツートンカラーのロブスターが、米メイン州のペノブスコット湾で9月6日に発見されました。


https://twitter.com/nypost/status/1171494500973215745
地元の漁師が釣り上げたものですが、突然変異でツートンカラーになるのは、5000万分の1という宝くじ並みの確率だそうです。


https://twitter.com/mccfisheries/status/1171102712706076672
このロブスターは、メイン大学のロブスター研究所へと寄贈されました。同研究所には、他にも確率200万分の1と言われる青いロブスターや、確率3000万分の1の黒とオレンジの三毛猫模様のロブスターも飼育されています。

同研究所の所長によれば、今回発見されたツートンカラーのロブスターは、雄と雌両方の特徴がみられるとのことです。同研究所では、2~3週間に及ぶ個体調査が完了した後、ロブスターを海へと返す予定だそうです。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/nypost/status/1171494500973215745

※ソース:
https://www.nytimes.com/2019/09/10/science/rare-lobster-found.html

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧