ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

北海道の美味3,000以上を食べ歩いたライターが厳選!函館の最強スイーツ8選

北海道の美味3,000以上を食べ歩いたライターが厳選!函館の最強スイーツ8選

はじめまして! 札幌生まれ、札幌育ちのグルメライター高井なおです。
北海道と食べ歩きをこよなく愛し、北海道全域で3,000軒以上美味しいものを食べ歩いてきたわたしが今回紹介するのは、函館市電&函館本線で巡る「函館スイーツ」♪

東京から函館へのアクセスは……JR東京駅から東北・北海道新幹線「はやぶさ」に乗車し約4時間20分でJR新函館北斗駅へ。そこから函館本線 快速はこだてライナーに乗り、15分ほどでJR函館駅です。東京を始発で出発すると、11時25分に到着。

函館は札幌・旭川に次いで、北海道で3番目に人口の多い港町。
「世界三大夜景」「新鮮な魚介類」「異国情緒あふれる街並み」など、道産子のわたしも毎年訪れるほど魅力がたくさん!

絶対にハズせない定番から、地元民しか知らないスポットまで……全力で紹介します!!
さっそく出発〜♪

電停「函館駅前」

函館市電でお得にスイーツ巡り

電停「函館駅前」

電停「函館駅前」は函館駅前の信号をわたってすぐ

函館市電に乗りこんだら、まず、車内で「市電1日乗車券(600円)」を購入しましょう。市電は通常運賃が210円~250円だから、3回以上乗るなら確実にお得♪

函館駅前から湯の川方面行の市電に約10分乗車し、6つ先の千代台で下車します。

電停「千代台」

隠れ家カフェで「夢のような逸品」を!

千代台電停から10分ほど歩き、本日1軒目「CAFE PARI,SIA(カフェ パリジア)」さんに到着!
CAFE PARI,SIA

地元でも知る人ぞ知るお店

「CAFÉ PARI,SIA」さんは、東京の製菓学校で技術を学び、函館市内のカフェでパティシエを務めた店主が営むお店。スイーツの他にも種類豊富なドリンクや、野菜をたっぷり使ったパンプレートなど様々なメニューが用意されています。

こちらでは、旬のフルーツを使った、7月中旬~8月中旬頃までの季節限定フレッシュスイーツをいただきます。

桃好きなら絶対ときめく、夢のような逸品。
その名も……「桃を食べるパンナコッタ」♪
桃を食べるパンナコッタ

なんと! 一皿に丸々1個分の桃を使用

「ちゅるるん♪」
ミルク感たっぷりのパンナコッタ、バニラ風味のミルクスープ、桃が三位一体となった最強ジューシーな喉ごし。

やさしい甘さとぷるぷる食感でスプーンが止まりません。

電停「杉並町」

老舗和菓子店で糖分チャージ!

千代台から市電に約8分乗車し、杉並町で下車。少し先に見えるのが、和菓子店「ひとつ風」さん。徒歩1分ほどで到着です。
ひとつ風

地産地消を大切にする、地元愛が素敵なお店

この道60年の店主が良質素材で作る、老舗の味を楽しみましょう♪
こちらで購入するのは近郊産の黒米「きたのむらさき」を皮ごと使った「古代餅」。
古代餅

きな粉の中のお餅はキレイな深紫色!

しっかりと弾力があって余計な甘さはなく、素朴でシンプルな味。たっぷりの「焦がしきな粉」の香ばしさもイイ!
原材料も安心、安全で子供から年配の方まで安心して食べられます。

さらに!
「黒米のアントシアニン」「きな粉の大豆イソフラボン」がたっぷり含まれていて、栄養価がとても高いんです。お菓子を食べて健康かつキレイになれるなんて……この上ない幸せ!

バス停「トラピスチヌ前」

トラピスチヌ修道院の「神聖なスイーツ」

再び杉並町から市電に乗車、湯の川温泉で下車し、徒歩約2分の湯川温泉電停前で函館バスに乗車。そこから揺られること約10分でトラピスチヌ前に到着。降りると、次の目的地「トラピスチヌ修道院」はもう目の前です♪

ここは1898年にフランスから派遣された8人の修道女が設立した、日本初の女子観想修道院。レンガ造りの美しい建築物の数々を無料で見学することができます。
資料館・売店

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき