ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

モバイル端末を縦横どちらにも立てられるスタンド「MOFT X」が便利そう!

スマホやタブレットの機能性が上がるにつれ、電話やテキストだけでなく、ビデオを観たりスケッチをしたり、タイピング入力したりとさまざまシーンでモバイル端末を活用するようになった。

そうした使用をより快適なものにするツールの一つがスタンドだ。このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「MOFT X」は縦横置きどちらにも対応し、かつ角度調整も可能。そして、マグネットで金属性の表面にくっつけることもできるようになど、マルチなスタンドだ。

・4ミリの薄さ

開発元の米スタートアップMOFTはすでにラップトップスタンドで成功を収めていて、今回はスマホ用とタブレット用を開発した。

まずスマホ用は縦置きだと60度、横置きであれば40度の角度に設置できる。スタンドそのものは約4ミリの薄さ。使わないときは畳んで端末と一体化させられるので、スマホに付けたままジーンズのポケットに入れることも可能だ。

何気に便利そうなのが、付属するマグネットスティッカーを使えば金属性の表面にくっつけられるようになる点。キッチンの冷蔵庫にくっつけて、スマホでレシピ動画を観ながら調理する、ということもできる。

・タブレットの角度は3段階

一方のタブレット用は縦置きだと60度、40度、25度の角度で、横置きだと60度、40度、30度の角度で調整できる。縦置き60度でビデオ通話したり、横置き30度でデッサンしたりと、あらゆる使い方に対応できる。

7.9インチ用と、9.71〜2.9インチ用の2種が用意されているほか、Apple Pencilをマグネットでスタンドにくっつけられるようになるホルダーもアドオンで用意されている。

・日本への送料は2ドル

MOFT Xはすでに目標額を大幅に超える資金の調達に成功し、今なら出資額はスマホスタンドが16ドル(約1700円)〜、タブレットスタンドが17ドル(約1800円)〜となっている。

出資は10月18日まで受け付け、11月にも発送される見込みだ。日本への送料も2ドル(約220円)とリーズナブルなので、スタンドを探している人はチェックしてみてはいかが。

MOFT X/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき