ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

脳科学者・篠原菊紀先生に聞く!やる気がでない!こんな時どうする?

脳科学者・篠原菊紀先生に聞く!やる気がでない!こんな時どうする?
テスト前で勉強しなくちゃいけないのに、なかなかやる気がでない…と悩んだことがある人は多いはず。

実際、スタディサプリ進路が全国の高校生300人にアンケート調査を行ったところ、「勉強をしたくない、やる気が起きないと思うことがありますか?」という質問にYESと答えた人は95%以上。

そこで、やる気がでない時、どんな方法でやる気を起こさせてきたのか。みんなのアイデアを聞いて、脳科学者の篠原菊紀先生に、やる気がでないときの解消法についてアドバイスをしてもらった。

  【今回教えてくれたのは…】

篠原菊紀先生

脳科学者。

公立諏訪東京理科大学・工学部情報応用工学科教授、学生相談室長。

「遊んでいるとき」「運動しているとき」「学習しているとき」など、日常的な場面での脳活動を調べている。

『勉強にハマる脳の作り方』(フォレスト出版)、『マンガでわかる 脳と心の科学』(池田書店)、『「すぐにやる脳」に変わる37の習慣』(KADOKAWA)ほか、著書・監修多数。

フジテレビ『とくダネ! 脳活ジョニー』『今夜はナゾトレ』、BSフジ『脳ベルSHOW』、NHK『チコちゃんに叱られる』『子ども科学電話相談』『あさいち』、日テレ『頭脳王』などの解説や監修で、脳活動のおもしろさを伝えている。

ブログ「はげひげ」の脳的メモ https://higeoyaji.at.webry.info/

自分が今までやってきた、やる気アップの方法を思い出してみよう

全国の高校生300人に「勉強をしたくない、やる気が起きないと思うことがあるのはなぜですか?」と聞いてみると、

脳学者の先生にやる気を出す方法を聞いてきた

※やる気が起きないと思うことがあるのはなぜ? ・「苦手な教科があるから」(高2女子・北海道)

・「面倒くさいから」(高1女子・神奈川)

・「やる必要を感じないから」(高2男子・愛知)

・「おもしろくないから」(高2男子・大阪)

・「ほかにやりたいことや楽しいことがあるから」(高2女子・福島)

など、「難しい」「楽しくない」という気持ちが、やる気がでない理由に多いようだ。

一方で、「そのときはどうしますか? やる気を起こさせる自分なりの解決法などがあれば教えてください」という質問には、 ・「好きな音楽を聴く」(高1女子・石川)

・「仮眠を取ってから勉強する」(高1男子・栃木)

という意見が多かったが、そのほかにも、さまざまな意見が出てきた。

その意見について、篠原先生に聞いてみると、 「本人が、それをすることで乗り切ってきたというのなら、基本的には、その人にとって正しいやる気アップの方法と言えます。

高校に入学できて、その先の進学まで考えている人なら、やる気がでないと悩みながらも、実際には何らかの方法で勉強をしてきたはずだから、やる気をだすことに成功しています。

自分がうまくいけていたときは、どういうときなんだろうと、多少でも勉強できたときのやり方を探すといいですね」

脳の奥にある線条体を活性化させることが、やる気につながっていく!そうは言っても、「全然やる気がでない」「ゲームにハマるように勉強できたら」と、やる気をだす方法を知りたい人のために、まず、やる気をだす脳のしくみについて、篠原先生に教えてもらった。 「脳の奥にある『線条体』は、行動と快感を結びつける場所で、ここを活性化させると無意識に行動できるようになります。つまり、線条体の活動を高めることが、やる気アップにつながるのです。

線条体は、行動側から活性化させる方法と、快感側から活性化させる方法があります。

何か行動を起こすと線条体の活動が高まりますし、これをやれば良いことが起きるのではないかという快感が予測されたときも活動を増します。

どちらの方法でも、やる気につながっていくのです」

やる気アップ術1:勉強と関係ないことでも、とにかく何かやってみる

脳学者の先生にやる気を出す方法を聞いてきた

※好きなことをやれば線条体の活動が高まるからやる気が湧いてくるみたい!

実際、みんなは、どんな方法で、やる気をだしてきたのか、それについて篠原先生にアドバイスをもらった。 ・「好きなアーティストの曲を聞く」(高2男子・兵庫)

「最初は勉強に対するやる気がでなくても、好きなことをやれば線条体の活動が高まるので、そこに乗っかって勉強を始めてしまえばいいと思います」

・「ピアノの練習をする」(高1男子・岡山)

「これも、行動側から、やる気をだすことにつながります。

何でもいいから行動を起こしてしまえば、線条体は勝手に活性化するという側面があるので、それを利用しましょう。」

ピアノが好きで弾くのなら、楽しいという気持ちが快感側からの活性化にもなります」

・「好きな教科から勉強する」(高2女子・北海道)

「勉強して楽しい教科から始めるのは、線条体の活動を行動側からも快感側からも高めて、やる気につなげる良い方法だと思います」

・「とりあえず教科書や問題集をひらく」(高3女子・北海道)

・「とりあえず机の前に座る」(高2女子・神奈川)

「やる気がでなくても、とにかく始めてしまえば、線条体が活性化するため、やる気が後からついてくることはあります」

・「スマホのゲームをする」(高1女子・山形)

「ゲームなどの遊びをしても、行動側から、やる気をだすことにつながりますが、短時間でパッと切り替えて、勉強を始められることが大事です」

・「テレビを見る」(高3女子・宮城)

・「好きなマンガを読む」(高3女子・岩手)

・「YouTubeを見て気分転換する」(高2男子・東京)

「これらの行動も、時間を決めて、すぐやめられるなら大丈夫。

単純に『勉強しなきゃ』と思っているだけのときは、やる気に関わる線条体の運動系の活動が全く出てこないので、何でもいいからアクションを起こすことは、ただ思っているだけより、やる気につながるのです」

・「やる気が起こるまで待つ」(高2男子・京都)

「行動を起こさないと何も変わらないので、ただ待つのは合理的ではありません。

自分のやる気の波を想定して、これくらいの時間になればやる気がでてくる、とわかって待つのなら大丈夫です」

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき