ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

念願の我が子は、恐ろしい“贈り物”だった――『ブライトバーン/恐怖の拡散者』衝撃シーン連続の予告編[ホラー通信]

待ち焦がれてた続報、来たる!

2018年12月に日本公開の第一報をお届けしたジェームズ・ガン製作の『Brightburn(原題)』。邦題が『ブライトバーン/恐怖の拡散者』に決定し、11月15日(金)より日本公開となる。

本作は、驚異的な力を持つ少年を描いた“アンチ”スーパーヒーロー・ホラー。母になる日を夢見て苦しんできたトリのもとへ“謎めいた男の赤ちゃん”が到来し、突然その夢が実現する。子供はブランドンと名付けられ、トリとその夫カイルからの沢山の愛を受けて育つが、12歳になったブランドンの中に強烈な闇が現れる。やがてブランドンは、普通の人が持つことのない異常な力を発揮しはじめ、カンザス州・ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていった――。

日本公開情報と併せて予告編も解禁。トリのもとに赤ちゃんが“到来”する衝撃的なシーンや、ブランドンが自身の驚異的な力に目覚めていく様子、そして彼が次第に街全体を恐怖に陥れていく鳥肌モノのシーンが切り取られている。ゾッとするほど“痛い”場面もあるので、鑑賞の際は注意されたし。

「僕がどれだけ特別か知るべきだ」――かつては無垢な表情を見せていたブランドンから発せられる恐ろしい言葉。トリとカイルも次第にブランドンを恐れるようになる。「何をしてもあなたの中には良心が生きてるでしょ?」トリはすがるようにそう尋ねるが――。

監督を務めるのは『インバージョン/転移』のデヴィッド・ヤロヴェスキー。主題歌はビリー・アイリッシュの『bad guy』に決定した。

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』
11月15日(金) 全国ロードショー
出演:エリザベス・バンクス、デヴィッド・デンマン、ジャクソン・A・ダン他
配給:Rakuten Distribution/東宝東和
(C) The H Collective

予告編が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき