Interview with Beabadoobee about “She Plays Bass”/ベアバッドゥービー “She Plays Bass”インタビュー

access_time create folder生活・趣味

ベアバッドゥービー。フィリピンのマニラ出身で、いまはロンドンを拠点に活動している18歳のシンガー・ソングライター。2年前、YouTubeにポストした曲“Coffee”が話題を呼び、今年、The 1975やペール・ウェーヴスを擁する〈Dirty Hit〉と契約。そのデビューEP『Patched Up』について、彼女は“18歳になるまでの10代の不幸の歴史を継ぎ接ぎした曲のコレクション”と説明する。初々しくギターをかき鳴らして歌われる、リリカルでユーモラスなティーンの憂鬱。その、こんがらがっていて夢見心地なベッドルーム・ポップには、等身大の彼女がありのままの姿で写し出されている。カリードもラヴコールを送る彼女は、この秋、クライロのアメリカ・ツアーでサポートを務めることが決定。つい先日にはニュー・シングル“She Plays Bass”もリリースされたばかりの彼女に、メールで話を聞いてみた。(→ in English

――出身はフィリピンのマニラで、3歳の時に家族とロンドンに引っ越してきたそうですが、どんな子供時代を過ごされていたのですか。家族のことや、学校での出来事、当時夢中になったことなど、特別思い出に残っていることなどあれば教えてください。(今のあなた自身に繋がっているエピソードだと嬉しいです)

Beabadoobee「私は(フィリピンの)イロイロ市というところで生まれて、音楽に親しみながら育ってきましたが、私の両親が聴いていたものを今も聴いているというわけではありません。私は7年間ヴァイオリンを習っていて、少しの間ワン・ダイレクションのファンになって、そのあとグリーン・デイを聴くようになりました。でも今私が聴いているのはほとんどソニック・ユースかペイヴメントですね」

――音楽を聴いて初めて心を動かされた時のことを教えてください。

Beabadoobee「エリオット・スミスを初めて聴いたときですね。ベッドルームで涙を流したことを覚えています(笑)」

――ギターを手にしたのは比較的最近になってからで、それ以前は長年ヴァイオリンを学ばれていたそうですね。ただ、曲を作ることは前々からされていたそうですが、どんな曲を書いていたのでしょうか。「痰(phlegm)」についての曲を書いたことがあるとインタヴューで読みましたが、どんな内容だったのか気になります。

Beabadoobee「痰についての曲も書いたし、リスに追いかけられる曲も書いたことがあります。そういう楽しいやつをね」

――日々音楽を聴いたり作ったりする上で、どのような要素やテイストを持つ楽曲が好みですか。

Beabadoobee「印象的なギターラインや良いメロディ、強い物語性のある歌詞がある曲が好きです」

――ベアバッドゥービーを構成する3人のミュージシャン、音楽の先生をあげるとするなら誰になりますか。自分で曲を作り始めて、やがてミュージシャンになることを心に決めたとき、自分の背中を押してくれた存在だったりロールモデルとなったミュージシャンは誰でしたか。理由も併せて教えてもらえると嬉しいです。

Beabadoobee「エリオット・スミス – 彼は素晴らしいリリシストでありギタリスト。キミヤ・ドーソン(※モルディ・ピーチス) – 彼女の偽りのなさ。キム・ゴードン – どうやったら彼女のようなイカした人になれるか教えてほしい」

――2年前に“Coffee”を発表したことでベアバッドゥービーの名前は世界中の音楽ファンの間で知れ渡ることになりました。当時寄せられたリアクションの中で一番驚かされたこと、クレイジーだと感じたことはなんでしょう?

Beabadoobee「自分の音楽を本当に気に入ってもらえたという事実。そんなことが起こるなんて思ってもいませんでした」

――曲作りはどんな感じで行われているのでしょうか。新しいEP『Loveworm』を聴いて、ギターのスタイルや、ソングライティングやプロダクションもスケールアップした印象を受けましたが、最初の頃と比べて変化したところなどあれば教えてください。

Beabadoobee「私の今の曲は歌詞よりもギター中心になっていると思うんだけれど、それは今バンドで音楽がやれているからだと思います。でも、最初の頃からいつも歌詞やメロディーの前にコードを考えていました。いつもコードを考えることが優先です」

1 2 3 4 5次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer

NeoL/ネオエル

都市で暮らす女性のためのカルチャーWebマガジン。最新ファッションや映画、音楽、 占いなど、創作を刺激する情報を発信。アーティスト連載も多数。

ウェブサイト: http://www.neol.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧