ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

敬老の日に“セカンドキャリア”をプレゼントは新常識!? 100歳でも働ける仕事を本気で探すリクルートの「からだ測定」とは

9月16日(祝)は敬老の日。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日とされているが、一般的にシニア世代と呼ばれる周囲の65歳以上を見渡しても、リタイアという言葉とは程遠い、まだバリバリと働ける元気な方が多いのではないだろうか。

そんなシニア人材を社会に支えられる側から、社会を支える側へ引き戻そうと、100歳でも働ける仕事を本気で開拓しているのがリクルートだ。「人生100年時代」という言葉が注目される現代において、これからの新常識となり得る、シニアの働く機会をつくる現場に密着した。

年齢ではなく個々人の強みを発見し、雇用創出を推進する「からだ測定」

訪れたのは、8月下旬に東京都町田市で開催されていたシニア向けイベント「人生100年時代を生きるために“介護”のことを知ろう!」。会場の一角では、リクルートが人材不足を解決すべくシニアの雇用創出を推進する新規事業として立ち上げた「からだ測定」の体験会が実施されていた。

「からだ測定」で計測できるのは、実際に身体を動かして筋力やバランス力、手先の器用さなどを測る「しごと体力」

iPadを使って出題される問題を解き計算力や読解力、記憶力などを測る「しごと処理力」

さらに、アンケートに答えると人との付き合い方や仕事への向き合い方など、その人のタイプを分析してくれる「しごと個性」。これらの項目を30~40分程度で計測することができる。

「しごと体力」と「しごと処理力」は同年代平均と比べたグラフになって数値がフィードバックされ、自分の強みが分かるだけでなく、能力を維持・向上するためのトレーニング例も提示される。

「しごと個性」は、人との付き合い方や仕事への取り組み方などを動物に例えて8つのタイプに分類。就労に向けて自身の個性を認識できるだけでなく、企業が既存スタッフの個性を踏まえて育成やサポートを工夫する、グループ内のコミュニケーションを活性化するために用いるケースも増えているのだとか。

さらに、これらのレポートをもとに今の自分に向いている仕事の例が紹介されるのだが、掲載されているのはいずれも町田市で実際に募集中の仕事ばかり。少しでも興味があれば会場内に設けられた個別相談会に参加し、職場の環境や条件などを確認することができる。参加するシニアは、自分に向いている仕事、活躍できる仕事を発見し、勤務時間など具体的な働き方を知ることで、ダイレクトに就労へ繋がる機会になっているのだ。

会場にいた60代の女性に話を聞くと、「何か仕事をしたいなと思っており、めったにない機会だったので参加してみました。以前に介護職の経験がありますが、少しブランクがあるので、改めて自分にはどんな仕事が向いているのか詳しく話を聞いてみようと思いました」と、参加した理由を語ってくれた。

シニアに対する就労支援の一例として行政が「からだ測定」を活用した今回の施策は、その人のコンディションに合わせて決して無理をさせず、仕事に対する興味を広げて最初の一歩を後押ししてあげるような取り組みになっていると感じた。

同じく8月下旬には3日間にわたり、岩手県陸前高田市・釜石市・宮古市の3市において、「からだ測定会」が行われた。岩手県とリクルートで協働して3年前より開催している本測定会では、超短時間勤務「プチ勤務」の推進を図り、女性やシニアを中心に就業意欲の喚起を図っている。

岩手県沿岸広域振興局の主任主査の横澤さんは、「沿岸地域は震災による人口減がある中で、人手不足が他の地域よりも進んでいました。そんな中で地元の人が働きやすいようにリクルートと一緒に作ったのが短時間労働の“プチ勤務”という働き方です。それまで釜石市の企業からは、求人のニーズがありませんでした。あってもフルタイムのものばかり。しかし、企業側に、プチ勤務ができる仕事内容を切り出していただく意味を伝えることで、プチ勤務向けの求人が少しずつ出てくるようになった。そうすると、子育て中の主婦やシニアから、待っていました! と応募があった。この取り組みは、地域、県、国と一体になって進んでおり、岩手県の雇用促進を支える一手になっていると思います。今後ももっと推進していきたいですね」と、取り組みの成果を語った。

プチ勤務を取り入れる企業側の反応も良く、「ある製造業では、人手不足を理由にプチ勤務で主婦の方の採用を行いました。その後、徐々に職場に慣れていき、プチ勤務から正社員として採用となったケースもあると聞いています。プチ勤務はシニアだけでなく、子育てが終わった主婦のセカンドキャリアとしても、反響が得られているんですよ」とのことだ。

地方自治体が主催するからだ測定会の取り組みは、今後も様々な地域で実施が予定されている。

<「からだ測定」今後のスケジュール>
9月19日(木)愛媛県新居浜
10月2日(水)高知県高知市
10月15日(火)福岡県福岡市
10月19日(土)・20日(日)山形県山形市
10月26日(土)愛知県名古屋市/京都府長岡京市
10月31日(木)広島県広島市
11月1日(金)岡山県岡山市

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき