「どういう身体能力してんだ」西武・伊藤翔投手が日本ハム・中田翔選手の痛烈な打球を見事にキャッチし『Twitter』で話題に

access_time create folderエンタメ

8月28日に行われたプロ野球の日本ハム対西武戦。4回裏、日本ハムの中田翔選手が西武の伊藤翔投手に対しピッチャー返しを放つ。

【動画】【4回裏】ライオンズ・伊藤 あぶない…ファイターズ・中田のライナーをナイスキャッチ‼ 2019/8/28 F-L – プロ野球 – スポーツナビ「パーソル パ・リーグTV」
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1872097/[リンク]

恐ろしいまでに痛烈な打球だったが、これを伊藤投手は転がりながら見事にキャッチ。まさしく「打ちも打ったり、取りも取ったり」と言うべきか、『Twitter』では「伊藤どういう身体能力してんだ…」という動画紹介ツイートが拡散され話題となっていた。

翌29日、伊藤投手はそのツイートを引用し

中田翔さんの打球、正直見えませんでした。気がついた時には倒れててすごく手が痛いと思ったらボールが入っててびっくりしました。
超一流のバッターと対戦でき、色々な経験をしてもっと成長できるように頑張ります!

とツイート。「怪我がなくて良かった」という旨の返信が多数寄せられる。

「これからも頑張ってください!応援してます!!」
「ナイスプレーです。 どちらも 最高の翔TIMEでした!」
「何だこの、球団の枠とか遥かに超越した応援したくなる好青年は!!!!!」

といった返信なども寄せられるなどして、反響を呼んでいたようである。

※画像は『Twitter』より

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧