タランティーノ監督&上田慎一郎監督が映画愛炸裂トーク! 最新作『ワンハリ』のシーン解説から撮影秘話まで

access_time create folder映画

クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日より公開となります。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たし、2人の友情と絆を軸に、1969年のハリウッド黄金期の光と闇を描きます。

全米ではすでに大ヒットを記録中で、タランティーノ作品最大のヒット作となってるこの映画。今回はなんと、映画のPRの為に来日したタランティーノ監督と、『カメラを止めるな!』の大ヒットが記憶に新しい上田慎一郎監督の対談が実現! タランティーノ作品の大ファンである上田さんからの質問や、同じ監督としてのタランティーノさんからのメッセージなど、ここでしか読めない日米”映画愛”炸裂トークをたっぷりご紹介します!

大のタランティーノファンである上田監督、夢の対談が実現!

上田:今日はよろしくお願いします。こ、こちらをもらっていただけますか? 英語字幕がついている海外版の『カメラを止めるな!』DVDと、タランティーノ監督が記者会見欲しいと言っていた『栄光への5000キロ』(1969)のDVDを持ってきました。

タランティーノ:わあ、ありがとう!! とても嬉しいよ!(『カメラを止めるな!』を見て)これはゾンビ映画かな?

上田:そうです、冒頭は37分長回しノーカットで撮影しています。

タランティーノ:Amazing! すっごい楽しみだよ。今すぐ観たいね! なんとなく『ショーン・オブ・ザ・デッド』っぽい雰囲気? エドガー・ライト監督とは友達なので今日のことは伝えなくちゃ。

上田:ありがとうございます!! 実はエドガー・ライト監督がこの映画のことをTwitterでつぶやいてくれた事があるんです!嬉しいです!

――本日は上田監督がタランティーノ監督の大ファンという事で、この夢の対談が実現しました!

上田:そうなんです。今日は、とてつもなく緊張していて……。

タランティーノ:大丈夫だよ、噛まないから! あ、ちょっとだけ噛むかも? でもゾンビ作っている人だから平気だよね(笑)。

上田:中学生の頃に初めてタランティーノ監督の映画を観て。それは『パルプフィクション』だったんですが。僕らの世代の多くが監督に影響を受けていると思います。中学の頃はタランティーノ作品とスコセッシ作品を観すぎて、映画監督を目指すか、マフィアを目指すか迷っていた時期もありました。なので本当に光栄です!

“夢のような映画”という言葉は、この映画のためにある

――まずは上田監督に本作ご覧になった感想をお伺いします。

上田:まだ2回しか観ていないんですけど。

タランティーノ:もう2回も観たの?!かなりイケてるよ、それ。

上田:まだまだ観ます! 実はタランティーノ作品を観る時は毎回、1回目は落ち着いて観れないんです。2回目から素直に楽しめるんですが。

タランティーノ:僕も好きな映画監督の作品はそうなんだよね。20代、30代前半の時はデ・パルマ作品を観る時とかそうだったよ。事前にレビュー読みまくって、期待値上げまくって、『スカーフェイス』まであと4日、3日、2日……ってカウントダウンして、公開日の一回目に一人で観ていって、自分の中で一度受け止めてから、その日の夜中にもう一度観に行くんだ。1回観てストーリーが分かっているから、2回目は「これどうやって撮ったんだろう」って考えられるんだよね。2回目以降はやっと友達とも行けるんだ。

上田:ドキドキしすぎて1回目はフラットに楽しめないんですよね!本作も何度も観たいと思います。”夢のような映画”という言葉は、この映画のためにあると思いました。舞台は1969年のハリウッド。そこにはシャロン・テート、ブルース・リー、スティーブ・マックイーン等錚々たるスターがいる。僕らは夢のハリウッドの中をリック(レオナルド・ディカプリオ)とクリフ(ブラッド・ピット)に道案内されながら歩きまわる。映るもの、聴こえるもの、全てが美味しい!画面の隅々まで愛がこもっていました!

タランティーノ:どうもありがとう!(日本語で)

上田:改めて、”映画は夢”なんだと思いました。それは、作られた夢なんだけど、その夢が現実を動かす力を持っている。

タランティーノ:僕も同意します。本作と『キル・ビル』が一番寓話的な資質があるのかもしれない。目を開いたまま夢を見ている様な、そういう感覚なんじゃないかな。そして本作は、夢の様な時間が悪夢に変わる瞬間が来るかもしれない、そんなお話なんだよね。

上田:これまでの作品ってクライムムービーだったり、アクション、戦争劇、西部劇、戦争劇、ミステリーだったり、明確なジャンルの下地があったと思うんですが、この映画にはそれが見当たらない。で、思ったんです。そうか!これはタイムスリップものだ!って。タランティーノ製のタイムマシーンに乗ったリックとクリフが1969年にタイムスリップ!歴史に名を残すスター達と交わりながら日々を過ごしていくという。

タランティーノ:うんうん、千葉(真一)さんの映画みたいにね! 編集部注:『戦国自衛隊』(1979)

上田:それで、実際に起こった”あの悲劇”が近づいてくるんだけど、この2人(リック&クリフ)が何とかしてくれるんじゃないか? と期待している自分がいる。

タランティーノ:そうだよね。全てのシーンがその瞬間に近づいていっているわけで。避けがたき悲劇に近づかざるを得ないわけです。この作品にはもうちょっと、リック、クリフ、シャロンのメロドラマなシーンがあっても良かったかもしれないのだけど、でも、それは止めようと決めたんです。キャラクターはしっかりたっているし、「人生の数日」を描いただけで映画に足りると思ったんですよね。日々の暮らしが悲劇に向かっていっている恐ろしらを感じられれば、それがこの映画のドラマティックな”モーター”になると思ったんだ。

1 2次のページ
access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧