ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【話題】気が付いたらカラムーチョ誕生から35年経ってた件 / 当時は恋愛よりヤミツキになりハマった

kara-mu

辛いテイストが楽しめるスナック菓子「カラムーチョ」を知らない人はいまい。1984年に発売されてから現在に至るまで、辛味スナックの王者として不動の地位を確立しているが、2019年で35周年を迎えた事が判明した。

・35年という時の流れ
35年というと、当時0歳だった赤ちゃんが35歳くらいになっているということである。当時35歳だった人は70歳くらいになっているということである。また、当時70歳だった人は105歳になっているわけで、35年という時の流れの凄さを感じさせてくれる。

・誕生したときからすでに完璧に完成!?
そんなカラムーチョだが、現在も多くの人たちに支持されており、コンビニやスーパーに陳列されているのを見かける。多くのライバルに負けることなく店の棚を占め続けたわけで、それはつまり「誕生したときからすでに完璧に完成されていたスナック」と言っても間違いではないだろう。

・箸でカラムーチョを食べていた
そんなカラムーチョの思い出をウェブデザイナー男性(48歳)に聞いたところ「当時は恋愛よりもカラムーチョ食いながらドラクエやることにヤミツキになってハマった」と話していた。手やゲームのコントローラーに辛味パウダーが付かないよう、箸でカラムーチョを食べていたという。なんというヤミツキっぷり。

・カラムーチョに新しい味
ちなみに、そんなカラムーチョに新しい仲間が誕生し、旨味系「シームーチョ こくうまシーフード」の販売が開始されたという。これからも美味しくて辛い、妥協なきスナックとして、カラムーチョの販売を続けてほしいものである。

もっと詳しく読む: 気が付いたらカラムーチョ誕生から35年経ってた件 / 当時は恋愛よりヤミツキになりハマった(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/08/26/kara-mucho-koikeya-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき