ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

老舗声優雑誌「Pick-upVoice」が休刊を発表  Twitter上で悲しみの声あつまる

8月16日、声優雑誌の「Pick-upVoice」がTwitterのオフィシャルアカウント上で休刊を発表した。

同誌は1997年に「h㎥(エッチエムスリー)」として創刊。その後「h㎥ SPECIAL」、「Pick-upVoice」と名前を変え22年間にわたり発行されていたが、8月26日発売の10月号をもって休刊する。

https://twitter.com/PuV_official/status/1162283295708606464?s=19

「「お知らせ」 1997年8月に「h㎥」として創刊、その後「h㎥ SPECIAL」、現在の「Pick-upVoice」として22年間にわたり発行してまいりましたが、諸般の事情により8/26発売をもって休刊する事になりました。
ご愛読いただきました読者の皆様には、心より厚くお礼申し上げます。」

創刊時の運営会社、音楽専科社の破産など紆余曲折を経ながらも平成の声優ブームを支えた老舗雑誌の休刊発表に、Twitter上では数多くの悲しみの声が上がっている。

「とても寂しいです。いつも写真やインタビューのクオリティが高く、個人的にはDear Girl~Stories~をしっかり特集してくれるほぼ唯一の雑誌ということでとても感謝していました。廃刊ではなく休刊とのことですので復刊を心待ちにしております。ひとまず編集部の皆様お疲れ様でした。」

「最近知ったばかりでしたが、過去の記事などを見たところ、よくDGSのことを大きく取りあげてくださった雑誌だったので、とても残念です…。
休刊ということは、またいつかお目にかかれるのでしょうか…?もしそうであるなら、その時を期待しております
短い間でしたが、ありがとうございました!」

「え…うそ…
私の大好きな雑誌…
毎年Kiramuneを特集してくださっていた大好きな雑誌…とても寂しいです。
今まで多くの幸せを運んでくださりありがとうございました。」

「よく水樹奈々さんや田村ゆかりさんが表紙の時に買わせて頂きました!他の雑誌とは違うグラビアやインタビューが好きでした。また、復活される事を楽しみにしてますm(_ _)m」

「とてもお世話になりました。ありがとうございました。Dear Girl~Stories~を唯一特集して頂けたり、神谷さんやkiramuneに関してたっぷりの記事と素敵な写真で私たちを楽しませてくれた事は絶対に忘れませんし、復活する日を待ち望んでおります。」

老舗雑誌だけあって、反響の中身を見ると実に幅広いファン層がいることを感じさせられる。

インターネット全盛の現代、紙媒体主体のメディアはジャンルを問わず苦戦を強いられている。しかし今回の発表は“廃刊”ではなくあくまで“休刊”。これまで数々の困難を乗り越えてきた「Pick-upVoice」がいつか新しい形で復活してくれることを期待したい。

※画像はTwitterから引用しました
https://twitter.com/PuV_official/

(執筆者: 中将タカノリ)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき