ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

かきこめ! 肉と米をかきこめ! 吉野家史上初 サーロインを使った「特撰 すきやき重」メチャ美味い

創業120周年を迎えた吉野家が史上初となる限定メニューを発表しました。

その名も「特撰 すきやき重」。この特撰 すきやき重は牛肉のサーロインの部位を使用した、これまでにない最高級牛肉商品です。

1200店舗すべてで食べられる

今回のすきやき重は完成までに1年以上を費やした力作。実は吉野家はこれまでにも“高級メニュー”として国産和牛の肩ロースを使った「牛重」を発表したことがあります。しかし「牛重」は永田町国会議事堂内と羽田空港ターミナル店の2店舗のみ。

120周年の感謝を込めた記念メニューは、多くの店舗で多くの人が食べられるよう、食材調達とオペレーションに尽力したそう。その結果、サーロインを用いた煮るタイプのすきやきメニューとなったそうです。

肉が美味い、タレが美味い、米が美味い

肉の柔らかさや味わい、食べ応えを考慮し0.1mm単位で試作を繰り返した結果、スライス厚は1.8mmに落ち着いたとのこと。肉の量は120g。牛丼は肉と玉ねぎですが、今回のすきやき重は肉だけで120gあるため、ボリューム感も高いです。

出来上がったすきやき重はみそ汁、玉子、お漬物がセット。今回は贅沢に卵黄を乗せていただきます。

サーロインは肉の旨味が強いため、今回のメニューではタレの配合から見直したという吉野家。牛肉のしっかりとした風味と旨味のエキスが香ばしいタレとしっかりと絡み合います。ときおり混じる、くどくない脂も赤身とのコントラストを引き立てます。

こだわったという1.8mm厚はなるほどという食感。肉を噛み旨味を楽しみつつも煮た肉の柔らかさを保つ、絶妙な厚み。濃い目の卵黄とタレとの絡み方まで計算されたかのようなバランスで口の中がとにかく楽しい。
食べやすさと口の中に肉が留まる事の満足感が1.8mmなのか、と知りました。

そして肉とタレが美味いと、とにかく米の美味さが身にしみます。この肉とタレは、お米のためにあったのか? と思うほどの関係値。「早くかきこんではもったいない」と思う気持ちに反して手が動きます。

お漬物に手を伸ばして自分を取り戻します。みそ汁で満たされた時間を振り返りつつ、タレのしみたお米と肉がまだ残っている事を確認して安堵します。このお漬物とみそ汁はそのためにあったのですね。

「肉、タレ、米、玉子、スバラシイ」―― カタコトでそんな風に思いながら箸を置きました。
(そして、さじが付いてたにも関わらず使わなかったことに、後から気づきました)

価格は860円。だからこその大満足

特撰 すきやき重は、2019年8月14日(水)から全国で販売開始、売切れ次第終了となります。1か月程度での販売終了を見越しての50万食を用意しているそうですが、人気の場合は3週間程度で終わる可能性もありそう。

価格は税込み860円。普段のメニューよりはお高めですが、試食は大満足。「120周年記念に美味しいものを召し上がっていただきたい」という吉野家の心意気が感じられる内容でした。

猛暑を乗り切るスタミナ源、あるいはちょっと良いことがあったハレの日や、頑張った日のご褒美としていかがでしょうか。

気になる方はお早めにどうぞ。

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき