ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

人生のホラー映画ベスト3 【『ゴーストランドの惨劇』パスカル・ロジェ監督 編】[ホラー通信]

人生のホラー映画ベスト3 パスカル・ロジェ監督

映画関係者・著名人の皆さんに“ホラー映画のオールタイムベスト”3作品を選んでいただく、『ホラー通信』恒例企画です。

今回は、『マーターズ』で人気を博し、最新作『ゴーストランドの惨劇』が公開中のパスカル・ロジェ監督にお伺いしました。

人生のホラー映画ベスト3 パスカル・ロジェ 編

・『エクソシスト』(1973) 監督:ウィリアム・フリードキン
・『サスペリアPART2』(1975) 監督:ダリオ・アルジェント
・『ポゼッション』(1981) 監督:アンジェイ・ズラウスキー

<コメント>
「独自性がない」と思われちゃいそうだけど、やはり1番は『エクソシスト』ですね。すごく多層的で深い映画。一度観ただけではすべてを理解できなくて、何度も何度も観てしまう。アメリカ映画だけれど、今と違って“大人のためのホラー映画”が作られていた時代の作品だなと思います。

『サスペリアPART2』は、70年代のバロック系イタリア映画好きの心をくすぐりますね。初めて観たときは15歳で、検閲が入ってるバージョンだったんだけれど、それでも本当に驚かされた。演出や色彩設計に関して「こういうことが映画でできるのか!」と、その可能性を教えてくれた作品でした。

3番目はアンジェイ・ズラウスキーの『ポゼッション』。ベルリンが舞台で80年代に作られた映画なんですが、これまで作られた映画のなかでもっとも複雑で奇妙でクレイジーなホラー映画だと思います。ただ、ズラウスキー監督はお高くとまってる方なので、自分の映画を“ホラー映画”と呼ばれるのは許せないみたいだけどね(笑)。

関連記事:『ゴーストランドの惨劇』パスカル・ロジェ監督インタビュー 「僕が目指しているのは“あなたの心を揺さぶる”ホラー映画」

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき