ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

人生のホラー映画ベスト3 【『ゴーストランドの惨劇』パスカル・ロジェ監督 編】[ホラー通信]

人生のホラー映画ベスト3 パスカル・ロジェ監督

映画関係者・著名人の皆さんに“ホラー映画のオールタイムベスト”3作品を選んでいただく、『ホラー通信』恒例企画です。

今回は、『マーターズ』で人気を博し、最新作『ゴーストランドの惨劇』が公開中のパスカル・ロジェ監督にお伺いしました。

人生のホラー映画ベスト3 パスカル・ロジェ 編

・『エクソシスト』(1973) 監督:ウィリアム・フリードキン
・『サスペリアPART2』(1975) 監督:ダリオ・アルジェント
・『ポゼッション』(1981) 監督:アンジェイ・ズラウスキー

<コメント>
「独自性がない」と思われちゃいそうだけど、やはり1番は『エクソシスト』ですね。すごく多層的で深い映画。一度観ただけではすべてを理解できなくて、何度も何度も観てしまう。アメリカ映画だけれど、今と違って“大人のためのホラー映画”が作られていた時代の作品だなと思います。

『サスペリアPART2』は、70年代のバロック系イタリア映画好きの心をくすぐりますね。初めて観たときは15歳で、検閲が入ってるバージョンだったんだけれど、それでも本当に驚かされた。演出や色彩設計に関して「こういうことが映画でできるのか!」と、その可能性を教えてくれた作品でした。

3番目はアンジェイ・ズラウスキーの『ポゼッション』。ベルリンが舞台で80年代に作られた映画なんですが、これまで作られた映画のなかでもっとも複雑で奇妙でクレイジーなホラー映画だと思います。ただ、ズラウスキー監督はお高くとまってる方なので、自分の映画を“ホラー映画”と呼ばれるのは許せないみたいだけどね(笑)。

関連記事:『ゴーストランドの惨劇』パスカル・ロジェ監督インタビュー 「僕が目指しているのは“あなたの心を揺さぶる”ホラー映画」

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき