ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

この夏は映画でNY旅行気分! 人生のヒントが見つかるニューヨーカーたちの物語まとめ

この夏は、様々な顔を持つ魅惑の大都市、ニューヨークを舞台にしたドキュメンタリー映画が豊作! どの作品も、世界で最も多様性に富んだこの街とともに長年生きる、個性あふれるニューヨーカーたちのドラマを鮮やかに映し出さしており、きっと何か人生のヒントも得られそう。ぜひ、猛暑が続く夏休みは、涼しく快適な映画館でニューヨーク旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。そこで今回は、8月公開の4作品をまとめてご紹介します!

『カーライル ニューヨークが恋したホテル』(Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開中)
1930年創業、英国王室や歴米大統領や世界中のセレブたちが愛し、名だたるスター達が幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが「秘密の宮殿」と呼んだ伝説の5つ星クラシックホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」。
ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を語る。そしてセレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちから紐解く、今こそ知りたい究極のおもてなしが明らかになっていく。

監督・脚本:マシュー・ミーレー『ニューヨーク バーグドルフ 魔法のデパート』/2018年/ 92分/アメリカ/配給:アンプラグド
公式サイト:http://thecarlyle-movie.com [リンク]

(C)2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『カーマイン・ストリート・ギター』(新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開中)
グリニッジ・ヴィレッジに位置する「カーマイン・ストリート・ギター」。 店員は、パソコンも携帯も持たないギター職人のリック・ケリーと、パンキッシュな装いの見習いシンディ、そしてリックの母親の3人のみ。世界中のギタリストを魅了する、 この店だけの”ルール”―それは、ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。チェルシー・ホテル、街で最古のバー・マクソリーズ……、それらは長年愛されてきた街のシンボル。 工事の知らせを聞きつけるたび現場からヴィンテージ廃材を持ち帰るリックは、傷も染みもそのままにギターへ形を変えるのだった。 足早に表情を変えゆくニューヨークと、変わらずにあり続けるギターショップの愛に満ちたドキュメンタリー。

監督・製作:ロン・マン『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』/出演:リック・ケリー、シンディ・ヒュレッジ/2018年/カナダ/80分/配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/carminestreetguitars/ [リンク]

(C)MMXVIII Sphinx Productions.

『アートのお値段』(8月17日(土)、ユーロスペースほか全国順次公開)
『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』でアカデミー賞にノミネートされたナサニエル・カーン監督が、アートとお金の関係を探るドキュメンタリー。秋のオークション開催まで6週間と迫ったニューヨークのサザビーズ。アート界周辺がにわかに騒がしくなり、オークショナー、ギャラリスト、評論家、コレクター、そしてジェフ・クーンズ、ラリー・プーンズ、ジョージ・コンド、ゲルハルト・リヒターといった超一流アーティストら、十人十色の価値観がせめぎあう。めくるめくアートの世界をさすらいながら、カーン監督はもう1つの問いを私たちに投げかける。そもそも、アートの価値って何だろう?アート市場の舞台裏に、あなたの答えを探しに行こう。

監督:ナサニエル・カーン / 出演:ラリー・プーンズ、ジェフ・クーンズ /2018年/アメリカ/98分/配給:ユーロスペース 公式サイト:http://artonedan.com [リンク]

『おしえて!ドクター・ルース』(8月30日(金)、新宿ピカデリーほか全国順次公開)
アメリカでいちばん有名な”お悩み相談” 90歳ドクター・ルースが贈る、ポジティブで型破りな”人生の処方箋”、日本初上陸!
80年代のニューヨーク。日曜深夜のラジオ番組に全米が夢中になった。誰も教えてくれない性のお悩みをズバリと解決するドクター・ルース。身長140センチ、ドイツ訛りの彼女は、そのチャーミングなキャラクターでたちまちお茶の間の人気者になった。性の話はタブーだった時代に、エイズへの偏見をなくすべく立ち上がり、中絶問題で女性の権利向上を後押しし、LGBTQの人々に寄り添ってきた。
自分らしく生きるために学び、恋し、戦い、働く。アメリカで最も有名なセックス・セラピスト”ドクター・ルース”はいかに誕生したのか。ホロコーストの孤児、元スナイパー、シングルマザー、3度の結婚。時代に翻弄された90歳の半生をたどるドキュメンタリー。

監督:ライアン・ホワイト『愛しのフリーダ』/出演:ルース・K・ウエストハイマー/2019年/アメリカ/100分/配給:ロングライド 
公式サイト:https://longride.jp/drruth/ [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき