ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

謎の港町を歩む果てに私立探偵は闇を知る。フィルムノワール風短編ADV『ブレスコントロールノワール』

ある新月の晩。古びたアパートに暮らす私立探偵「デヴィッド」のもとに一本の電話が入った。声の主は「ランドルフ・ケーン」。メディア業界で名の知れた大富豪である。
breathcontrol_01

ランドルフはデヴィッドに失踪した娘「フィリス」を探して欲しいと依頼した。直接会って打ち合わせをしたいとの申し出もあり、デヴィッドは真夜中に車を走らせ、ランドルフの待つ屋敷へと向かった。
breathcontrol_02

だがその道中、デヴィッドは交通事故を起こしてしまう。事故で負傷し、奇妙な会話を発する男を助けたデヴィッドは、苦しむ彼に水を与えるため、周辺を探索するのだが、いつの間にかに寂れた港町へと行き着いてしまう。

それと同時に巻き起こる、数多くの不可解な事件と奇妙な出来事の数々。
一体、この町の正体とは。
breathcontrol_03

1940~50年代後期、アメリカで制作された犯罪映画を指す言葉「フィルム・ノワール」のテイスト溢れるオープニングと共に始まる『ブレスコントロールノワール』(制作:NBK2 Games)は、2019年6月16日にフリーゲームとして公開された短編アドベンチャーゲーム。「RPGツクールMV」製の作品だ。ダウンロードはフリーゲーム配信サイト「ふりーむ!」、「フリーゲーム夢現」より行える。また、「RPGアツマール」においてブラウザ版も公開されている。

ストーリー重視、探索ごくわずかのアドベンチャーゲーム

本編は私立探偵「デヴィッド」を操作し、偶然迷い込んでしまった港町を探索しながら進めていく構成。特定のポイントに到達するとイベントが始まり、ストーリーが進んでいく仕組みになっている。最終目的は港町から脱出し、負傷した男を助け、依頼主ランドルフの待つ屋敷へと向かうこと。さらに彼の失踪した娘のフィリスを探し出すことも目的となる。
breathcontrol_04

そのことから脱出アドベンチャーを想像するかもしれないが、意外にも本編に謎解き要素はほとんど無い。基本的に街の中を歩き回り、ストーリーを進めていくことに終始する、純然たるアドベンチャーゲームになっている。一部、メニュー画面に用意された「NOTEBOOK」を参考に進めたり、指定の場所へと向かうイベントも用意されているが、いずれも特に頭は使わず、右往左往する心配もなく乗り越えられる低難易度。サラッと終えられる。
breathcontrol_05

そのため、脱出ゲーム及び探索アドベンチャー特有の難易度などを期待すると、肩透かしを喰らう。もちろん、アクション的な要素も無ければ、RPGツクール製特有の戦闘要素も皆無だ。本編でやるのはデヴィッドを動かし、港町にいる住民と会話したり、周辺に置かれた木箱などの物(オブジェクト)を調べる程度。それも全体の2割ほどで、残る8割をストーリーイベントが占める構成になっている。

そして、そのストーリーを最大の売りとしている。
シンプルに言うなら、複雑怪奇の極み。

複雑怪奇なストーリーと、その果てに待ち受けるおぞましい真実

大富豪の失踪した娘を探し出す調査の打ち合わせに向かっていたところ、一つの事故に巻き込まれ、そこから何故か謎の港町へと迷い込んでしまう。このオープニングの時点で、内容の不穏さは容易に察せるだろう。
breathcontrol_06

だが、これで序の口である。港町に迷い込んで以降、さらに理解の追いつかぬ展開が連続。怪奇現象めいた出来事が発生、謎の機械に拘束されて拷問を受ける、奇妙な昆虫(?)の標本を手にする、謎の組織の会合に出席するなどなど。さらにどういう訳かデヴィッドの幼少期へとタイムスリップし、サーカスを観覧したり、ある出来事を経て思いもしない人物と出会い、おぞましい真実に直面することになる。そして次第に一連の出来事がデヴィッドの素性に関係してくるようになり、そのまま戦慄の結末へとプレイヤーを誘うのである。
breathcontrol_07

関連性が曖昧な出来事が矢継ぎ早に繰り広げられるため、プレイ中は好き放題、且つ雑多に要素を注ぎ込んだストーリーという印象を抱くかもしれない。何がなんだか、理解も追いつかないだろう。だが、それが本作の真髄。そして、いずれの出来事もきちんと意義のあるものになっている。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき