[動画]繊細なタッチに目が釘付け「小畑健展」約500点の原画を展示 美麗作画の裏に隠れた描き直しの多さや探究心

access_time create folderエンタメ

「DEATH NOTE」や「ヒカルの碁」、「バクマン。」など人気漫画の作画を手掛ける小畑健先生の原画展「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」が開催中。1万5千点以上のアーカイブの中から約500点の原画やラフスケッチ、資料などを展示しています。

この記事では、展示内容に加え、小畑先生によるライブドローイングの様子やメディア向け発表会の様子を動画を交えてお届けします。

本展は、8月12日まで東京のアーツ千代田3331で開催、その後9月には新潟の新潟市マンガ・アニメ情報館、2020年初春には大阪の大丸ミュージアム<梅田>に巡回予定。

小畑先生は、30周年を迎えた心境を「上手く行かなくて当たり前、という感覚で飛び込んだ世界で、結果を出さなければいけない『少年ジャンプ』という場所でこれだけ長く続けてこれたのは想定していませんでしたし、正直言って自分が一番驚いています。30年の中で上手くいったりいかなかったりの繰り返しで続けてきたんですが、上手くいかなかった時間の方が多くて、それでも使い続けてくれた少年ジャンプ編集部や支えてくれたファンの方、そして一番は良い原作と出会えたということが大きかったんじゃないかなと思います」と語りました。

展示エリアは3つに分かれており、「ZONE1 Manga」では、「ヒカルの碁」(原作・ほったゆみ/監修・梅沢由香里)から始まり、「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ)、「バクマン。」(原作・大場つぐみ)など長期連載作品を大きく取り上げ、ストーリーを象徴する名場面や作画技術が際立つシーンの原稿を厳選して展示。

長期連載ならではの、初期の原稿から変化するイラストやタッチの違いを一度に振り返ることができるのが面白い。

「DEATH NOTE」の死神たちのデザインを細かく見られるのも嬉しいです。

差し替えとなって掲載されなかった未使用原稿も!

「バクマン。」の作中に登場する漫画原稿も公開!

また、作品別だけでなく、「和」や「顔」、「機工」などテーマに沿って選んだ原画も展示されています。

「人形草紙あやつり左近」(原作・写楽麿)や、「BLUE DRAGON ラルΩラグド」(原作・鷹野常雄)、「うろおぼえウロボロス!」(原作・西尾維新)などの原稿、原画も。

1 2 3次のページ
access_time create folderエンタメ
nonの記事一覧をみる

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧