ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

百田尚樹さん「なんで芸術祭に慰安婦少女像が?」「こいつ、ほんまに売国運動に必死やな」あいちトリエンナーレの津田大介芸術監督に苦言

8月1日、2010年より愛知県で3年ごとに行われている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」がスタートした。

あいちトリエンナーレ2019
https://aichitriennale.jp/[リンク]

この芸術祭に、韓国の作家の「平和の少女像」が展示されるということが話題となっているようだ。『中央日報』の

「あいちトリエンナーレ2019」に「平和の少女像」展示
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000033-cnippou-kr[リンク]

という記事によれば、「在韓日本大使館前に設置した青銅製少女像の原形」で、「『表現の不自由展・その後』に出品される」とのこと。
7月31日夕方、作家の百田尚樹さんは上記記事にリンクを貼り

なんで芸術祭に慰安婦少女像が?
あ、芸術監督が津田大介氏か…。
こいつ、ほんまに売国運動に必死やな。

とツイートを行う。反響を呼び、さまざまな返信が寄せられていた。
同日夜、大村秀章・愛知県知事は

津田大介芸術監督と。名古屋東急ホテルにて。

と、津田芸術監督と一緒に両手をチョキにしている画像をアップした。これに対し百田さんは

誰や、このメガネのおっさんは? 二人で両手ジャンケンでもしてるんか。 グーを出せ!

とツイート。


また、他のユーザーから寄せられたツイートに返信等を行っていたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき