ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

浜崎あゆみさんとエイベックス松浦さんの交際秘話に大反響 「やっぱりMは松浦のMだったのか」

8月1日、歌手の浜崎あゆみさんのデビュー前から1999年の大ブレイクまでを綴った「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が出版される。

本作はノンフィクションライターの小松成美さんが浜崎さんへの取材を基に手がけた「事実に基づくフィクション」

特に1998年から1999年暮れにかけての、所属レコード会社エイベックスの専務(当時)でプロデューサーを務めた松浦勝人さんとの交際について、同棲していたこと、浜崎さんが松浦さんを“M”という名前で携帯電話に登録していたこと、別れの理由などが克明に記されている。いずれもこれまで世間には知らされていなかった衝撃的な内容だ。

今回の発表に対し『Twitter』上では大きな反響が巻きおこっている。

「やっぱりMはmax松浦のMだったのか」

「驚いたね、あゆの曲は初期しか聞かないけど、何故胸を打つのか理解できた。 」

「浜崎あゆみ…
暴露本出すのか…。
松浦、結婚してんのに。
可哀想」

「歌詞の中や考察などで推測では予想していたことも、改めて本として真実に近いことが語られるとなると楽しみ。当時の浜崎あゆみが大好きだ。」

「思春期浜崎あゆみ全盛期だったしTA入ってたし普通に浜崎あゆみ好きだから内容気になる、
そんで動画とか漁ってたらまたライブ行きたくなるやーつ
絶望3部作とか普通に今でも好きだし厨二病治りませんね、普通に rt」

名作の背景に思いを巡らせ、ありのままの浜崎さんを支持するという人も多かったが、複雑な思いを抱く人も一定数いるようだ。

なお松浦さんは1995年にモデルの原口香さんと結婚するも1年ほどで離婚。2003年にモデルの畑田亜希さんと再婚している。浜崎さんとの交際期間との重複はないようだが、今の奥さんにとっては必ずしも愉快なニュースではないだろう。ご家庭に波風の立たないことを願うばかりだ。

※画像は幻冬舎公式サイトから引用しました
https://www.gentosha.co.jp/book/b12555.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき