ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

大人もマジでガチになる! トイザらスと「トイ・ストーリー4」のコラボ企画「なかまたちをさがせ!!」の難易度が高すぎてヤバイ

7月12日から公開され、大ヒットを記録しているディズニー/ピクサー映画最新作の「トイ・ストーリー4」。この公開のタイミングに合わせて全国のトイザらス店舗でもコラボキャンペーンが展開されているのをご存知でしょうか。

トイザらス×「トイ・ストーリー4」コラボキャンペーン

1000円以上の買い物で「トイ・ストーリー4」のオリジナルステッカーがもらえるキャンペーンや、SNSへの写真投稿でギフトカード3000円分が当たるキャンペーンのほかに、一部店舗では自分がポスターの中に入り込んだように見えるトリックアートのフォトスポットが設置されたりと、「トイ・ストーリー4」に絡めたさまざまなキャンペーンが開催されています。

そんなさまざまなキャンペーンの中でも特に注目すべきは、店内で楽しめるゲーム企画「なかまたちをさがせ!!」ですね。こちらは店内に「トイ・ストーリー4」のキャラクターのイラストが12組隠されていて、それを見つけ出すというかくれんぼのようなゲームとなっています。

キャラクターを1体でも見つけられたらオリジナルサンバイザーをプレゼントしてもらえるという、基本的には小さなお子様向けの企画。

ところが12組すべてを探そうとすると一気に難易度が跳ね上がるのだとか……?

39歳のおじさんもなかまたちを探してみた

というわけで私、ノジーマ(39歳)も「なかまたちをさがせ!!」ゲームに挑戦してみることに。この日訪れたのはトイザらス・ベビーザらスお台場店。まずは入口付近に展開されている「トイ・ストーリー4」コーナーへ近寄ろうとしてみると……

いきなり真正面に主人公・ウッディのイラストを発見! 小さな子どもの視点ならすぐに気づける高さに、隠されているというか堂々と貼られていました。あまりにもわかりやすすぎる!

早速専用シートを開いてウッディの項目にチェック。これだけでオリジナルサンバイザーをプレゼントしてもらえます。なんて優しい世界なのでしょう。

しかし今回は12体コンプリートを目指して引き続き探していきます。

するとさらに、同じく入口付近に設置されている特大レックスの足元にも……

イラストを発見! 入店してすぐに2枚もイラストを見つけてしまいました。こんなペースだとすぐにコンプリートしちゃうんじゃないの?

しかし余裕でいられたのはここまで。引き続き小さな子どもの視点でもすぐ気づきそうな場所を重点的に探していきましたが、入口で立て続けに2枚発見して以降パタリと見つからなくなってしまいました。

「やっぱりトイザらスの店内は広いから、お子様向けとはいえ探すのには時間がかかるな~」なんて思っていたら……

子ども服売り場の上の方に……

発見!

ベビー用品コーナーの上の方にも……

発見!! これ、小さな子の視界に絶対入らない場所だろ……!!

さらにエスカレーターの付近では……

ディスプレイの裏側という完全な死角で発見!! あまりにも大人気なさすぎるぞ、トイザらス!!

これはトイザらスが完全に大人も倒しにきていると確信。こちらも本気で迎え撃たなければ。普通の感覚ならまず隠さないであろう場所も徹底的に探していきます。

しかし探しても探しても見つからず、最後は同行スタッフを含めた大人4人が本気になって探すと……

30分以上かかってようやくコンプリート! やった~!!

コンプリートできなくてもキャラクターを1体でも見つけられればオリジナルサンバイザーはゲットできますが、コンプリートを目指してみると大人も本気で夢中になれるレベルに設定されていました。

ちなみにキャラクターの隠し場所は各店舗の店長が決めているそう。基本的に他の店舗もコンプリートするのは難しいレベルに設定されているそうですが、とりあえずお台場店は極悪級だったことをご報告しておきます。

お台場店の鷲津店長はバズ・ラストイヤーに激似でしたし、トイ・ストーリーファンならお台場店まで足を運んでみるのもいいかもしれませんよ。

コラボイベントは8月31日まで開催!

今回体験してみた「なかまたちをさがせ!!」をはじめとした「トイ・ストーリー4」とのコラボキャンペーンは全国のトイザらス(秦野店、入間店は除く)で8月31日まで開催されるそうです。夏休みにトイザらスにお出かけの際は少しお時間に余裕を持たせて、ぜひ大人も子どもも一緒になってなかまたちを探してみてください!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき