ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」に乾杯! ワイスピファンなら絶対に見るべき理由3連発[PR]

改造パーツとニトロをアホほど搭載したカスタムカーに乗り、ストリートレースに情熱をかける凄腕ドライバーたちを描いた「ワイルド・スピード」。回を重ねるごとにアクションのド派手さやミッションの難易度を増し、クルマと拳で“ファミリー”を拡大してきたメガヒットシリーズだ。

通算9作目となる最新作「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」では、ワイスピファンにはおなじみの二人を主役に迎えた新たな戦いが幕開け。一足早く鑑賞して「ワイスピ会」に仲間入りした筆者が、本作を劇場で見るべき理由3連発をお届けするッ!

その1:ホブス&ショウのスーパーコンボ

ロサンゼルスを舞台にした1作目では窃盗団と潜入捜査官の不安定な絆を描き、比較的こぢんまりとした物語としてスタートしたワイスピシリーズ。南米やヨーロッパ、中東、さらには極寒のロシア僻地へと舞台を移しながら、いつの間にか世界の命運を託されるほどに存在感が増したファミリーは、悲しい別れと予期せぬ仲間入りを繰り返してきた。

ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が手を組んだ、と聞けばワイスピファンなら黙って劇場へ爆走するのが掟だろう。

片やアメリカ外交保安部の元捜査官で、その屈強な筋肉は「フンッ!」とチカラを入れれば手錠やギプス(石膏)を瞬時に破壊するほど。

もう一方はイギリス軍秘密諜報部の元隊員で、一度ホブスを病院送りにしている極悪人。この超ヤバい二人のタッグは今作の敵・ブリクストン(イドリス・エルバ)に同情するレベル!

前作では「もし生まれる時代が違えば~」なんて台詞もあったが、利害関係の一致によりアレコレの事情はまたもや棚上げ。一度タイマンを張れば友情が芽生えるのはワイスピシリーズのお約束なのだ。

任務の最中もどこまでが台本通りか分からない軽口を叩き合い、前作にも増して二人のキャッキャウフフっぷりが拝めるぞ。アクション界の二大俳優によるブロマンス映画としても最高の1本と言えるだろう。

その2:次回作につながる(?)“ファミリー”の物語

そんな凸凹コンボの二人は、行方をくらませたMI6の女性エージェント、ハッティ・ショウ(ヴァネッサ・カービー)を保護して欲しいとの協力要請を受ける。ショウと聞いてピンと来る通り、なんとハッティはデッカードの妹。お前、妹もいたのか!

ハッティは新型ウイルス兵器を奪ったことでテロ組織に狙われることに。その兵器は全人類の半分を滅ぼすパワーを有するのだ(サノスかよ!)。

さらに、太平洋に浮かぶ南国の楽園サモアが舞台のひとつとなることは予告編で明かされている通り。ここはホブスの故郷であり、彼の家族や親戚が物語に深くかかわってくる。ホブスと愛娘の尊いやり取りも見逃せない!

ここまでお伝えした通り、今作は二人の過去やルーツに言及する作品となっており、今となっては再評価したいシリーズ3作目「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のようにシリーズの魅力を深く掘り下げる役割を担っているのだ。

また、ニヤリとさせる豪華なカメオ出演もありつつ、ファミリーの仲間入りを果たしてもおかしくない、いや、是非とも仲間入りして欲しいと思える魅力的な新キャラが何人も登場。これまでのワイスピ感を踏襲しつつ、今後への布石をいくつも散りばめているため、決して無視することはできないのだ。言うなれば、あと数作で完結と噂されるシリーズのクライマックスに向け、燃料を再チャージするような1本となっている。

その3:やっぱりアクションが最高!

ワイスピと言えばカーアクション。カーアクションと言えばワイスピである。

ゴリゴリのアメ車トラック「フォード・ブロンコ」やピータービルト社製のセミトレーラー、英国が誇る高級車「マクラーレン720S」、さらには巨大な軍用トレーラーをワイルドに乗りこなすマッスルコンボは今作でもノリノリ。

対する敵のブリクストンは、かつて死んだとされた元MI6エージェントで、謎の組織によって復活を遂げた改造人間。控えめに言って超バカっぽいクレイジー設定がワイスピファンのハートを鷲づかみにすること請け合いだ。生身のはずのホブスとデッカードも「人間やめたんですか?」と言わざるを得ない驚愕の規格外アクションで応戦する。

終盤にはシリーズ初期の自動車強奪シーンを彷彿とさせるチームプレイも目の当たりにでき、そのサービス精神には舌を巻いた。

言わずもがな、いざとなったらクルマや銃器を投げ捨て肉弾戦に持ち込むファイトスタイルは健在。ハイライトとも言えるサモア仕込みの集団戦は、飛行機や潜水艦とのカーチェイスにも負けないシリーズ屈指のド迫力シーンとなっている。

ご褒美コンボ満載でおかわりコンボ必至の「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」。この夏は筋骨隆々の最強コンボに酔いしれよッ!

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」
8月2日(金)全国超拡大ロードショー!

https://wildspeed-official.jp/

(C)UNIVERSAL PICTURES

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき